ようこそ ゲスト さん

【現在の検索条件】
言語:ケース全体から検索
新着・人気:新着ケース
 ※ 業種が選択できるのは日本語ケースのみ。

検索結果

新着ケース
並べ替え
45件中 1 - 10 件目を表示
前へ | 
1 2 3 4 5 
 |

職場における「違い」: ジェイソン(A)
新着ケース日本語
著者:Sandra J. Sucher/Rachel Gordon
提供機関:Harvard Business Publishing
1ページ2007年11月作成・改訂
ジェイソンは会社の採用担当チームのメンバーであるが、より多様な人員構成を創出するようにとの指令が出されていた。グループが候補者の人種を基準に面接に進めるかどうかを決めていたとき、ジェイソンは自分たちが正しい決断をしているのか、そして一般的に多様性の目標はどのようにして達成すべきかについて疑問に思った。
職場における「違い」: ジェイソン(B)
新着ケース日本語
著者:Sandra J. Sucher/Rachel Gordon
提供機関:Harvard Business Publishing
1ページ2007年11月作成・改訂
ジェイソンは、会社が多様性を追求するのは「正しい」ことをしている気がするから、というのではなく、なぜ多様性が会社の利益になるのか、明確な立ち位置を持つべきであると確信した。
職場における「違い」: サム(A)
新着ケース日本語
著者:Sandra J. Sucher/Rachel Gordon
提供機関:Harvard Business Publishing
1ページ2007年11月作成・改訂
サムは、会社にいるアナリストのなかで数少ないマイノリティのひとりである。彼は、人事部から同社の多様性を示すビデオで「アジア人枠」を務めることを頼まれたが、それを拒否した。
職場における「違い」: サム(B)
新着ケース日本語
著者:Sandra J. Sucher/Rachel Gordon
提供機関:Harvard Business Publishing
1ページ2007年11月作成・改訂
サムは人事部から非公式な謝罪を受けたが、会社からの正式な謝罪ではないことに不満を感じていた。サムはしばらくしてこれとは関係のない理由で会社を辞めたが、まだあの出来事について考え続けている。
職場における「違い」: アレックス(A)
新着ケース日本語
著者:Sandra J. Sucher/Rachel Gordon
提供機関:Harvard Business Publishing
1ページ2007年11月作成・改訂
アレックスは夢に描いていた職場への採用面接で、面接官に不適切な質問をされた。アレックスはその状況にどう対処するだろうか。彼はオファーされた仕事を受けるべきだろうか。
職場における「違い」: アリー(A)
新着ケース日本語
著者:Sandra J. Sucher/Rachel Gordon
提供機関:Harvard Business Publishing
2ページ2007年11月作成・改訂
出張中、アリーの上司は、アリーと彼女の同僚に予定していた会社での会議出席を取り止めて、「ビキニを着てビーチに来ること」を要求してきた。
職場における「違い」: アリー(B)
新着ケース日本語
著者:Sandra J. Sucher/Rachel Gordon
提供機関:Harvard Business Publishing
1ページ2007年11月作成・改訂
アリーと彼女の同僚は、最初は彼の誘いを拒んだものの、上司が声を荒げて騒ぎ立てたため、彼の行動は不適切なものであったが、しぶしぶ彼と一緒にビーチに行くことを了承した。その後本社に戻ると、彼女たちはその上司の上司にその出来事を報告した。彼は、もし彼女たちがセクハラで訴えると決断するのならば、それを支援すると言ってくれた。
職場における「違い」: アリー(C)
新着ケース日本語
著者:Sandra J. Sucher/Rachel Gordon
提供機関:Harvard Business Publishing
1ページ2007年11月作成・改訂
アリーはセクハラで訴えることはしないと決めた。その代わり、マーケティング部署に異動することで事態を収拾した。彼女は無力な状況に置かれたことでどう感じ、それによって職場での人とのやりとりで、彼女がどれほど慎重になったかを振り返える。
職場における「違い」: アレックス(B)
新着ケース日本語
著者:Sandra J. Sucher/Rachel Gordon
提供機関:Harvard Business Publishing
1ページ2007年11月作成・改訂
アレックスは、彼の置かれた状況について雇用問題の弁護士であるおじに相談した。現在の会社から同等の好待遇の提示を受けたことで、アレックスは同会社に留まることに決めたため、倫理的に難しい決断をする必要がなかったことは否めない。彼は、もし同等の待遇が提示されていなかったとしたら、どうしていただろうと考えている。
職場における「違い」: ウィル(A)
新着ケース日本語
著者:Sandra J. Sucher/Rachel Gordon
提供機関:Harvard Business Publishing
1ページ2008年10月作成・改訂
このケースの舞台はロンドンである。男性同性愛者であるウィルは、異性愛者であることを前提とした上級経営者からの質問にどう答えるかを決めなければならなかった。ウィルはこれまでの人生で、性的指向を秘密にしたことはなかった。

45件中 1 - 10 件目を表示
前へ | 
1 2 3 4 5 
 | 次へ

© 2006 一般財団法人 貿易研修センター(IIST)