ようこそ ゲスト さん

【現在の検索条件】
言語:ケース全体から検索
新着・人気:新着ケース
 ※ 業種が選択できるのは日本語ケースのみ。

検索結果

新着ケース
並べ替え
17件中 1 - 10 件目を表示
前へ | 
1 2 
 |

バズフィード(BuzzFeed)―ネイティブ広告の可能性
新着ケース日本語
著者:Felix Oberholzer-Gee
提供機関:Harvard Business Publishing
26ページ2014年08月作成・改訂
2014年、バズフィードは間違いなく米国で最もホットなメディア企業のひとつだった。2006年に、ハフィントンポストで有名だったジョナ・ペレッティが設立し、同社は面白いリスト、硬派な報道、一風変わったクイズという奇抜な組み合わせで、毎月1億5000万人のユニークユーザーを引き付けていた。おそらくより際立っているのは、ネイティブ広告から生じる収益の力によって、バズフィードのニュース編集室では200名のエディターとレポーターを雇用していることだった。ほとんどのメディア企業が、オンライン広告からお金をとるのに苦労する中で――フェイスブックのバナー広告は1000インプレッションを10セントで販売している――、バズフィードの平均CPMは9ドルに達した。報道によると、同社はディズニーによる10億ドルのオファーを断り、さらなる高みを目指していた。しかしペレッティは本当にオンライン広告の謎を解き明かしたのだろうか。バズフィードは持続可能な競争優位性を持っているのだろうか。
「リンクトイン・ラーニング」が教育を巡る環境を破壊するのか?
新着ケース日本語
著者:Stefan Michel/Maxim Kolesnik/Mario Perez/Dominik Reinhard
提供機関:IMD - International Institute for Management Development
17ページ2016年12月作成・改訂
リンクトインはインターネット上で世界最大のプロフェッショナル・ソーシャル・ネットワークであり、200カ国を超える国々に、4億人以上の会員を有していた。同社は上場企業で、多様なビジネスモデルを有し、売上高は人材ソリューション(62%)、マーケティング・ソリューション(20%)、プレミアム会員料金プロダクト(18%)からなっていた。リンクトインはカリフォルニア州マウンテンビューに本社を置いていた。現在24カ国語で利用でき、世界中30都市のオフィスには8700名以上のフルタイム従業員がいる。同社は2002年に創業され、2011年5月19日の新規株式公開を経て上場された。また、プロフェッショナルからの新規会員登録は、1秒間に2名以上というスピードで行われるようになっていた。一方、リンクトインには3900万人以上の学生と大学新卒者もおり、これが同社で最も成長している層である。リンクトインによって先ごろ買収されたリンダ・ドットコムは、ソフトウェア、クリエイティブ、ビジネススキルに関する動画を何千コースも提供する、オンライン教育企業であった。同社は各分野の業界専門家が教えるチュートリアル動画を制作する。オンライン動画20コースのシリーズとして始まったものが、現在では6300以上のコース、コーディングからマーケティング、ビジネスに至る全トピックで、26万7000ものチュートリアル動画を有するまでに成長していた。これらはウェブブラウザーだけでなく、現在はスマートフォンやタブレットでも視聴可能である。リンクトインは15億米ドルでリンダ・ドットコムを取得したが、これは同社史上最大かつソーシャルメディア業界でも4番目の規模となる買収であった。同社はこれにより一夜にして教育テクノロジー市場に参入することができるようになった。リンクトインがこの買収で何を実現しようとしているのかは、この段階ではまだ不明瞭である。この買収は新たなITバブルが始まる兆候なのだろうか。それともリンクトインは本当に教育領域で競争することを狙っているのだろうか。
American Family Care
新着ケース英語
著者:Quelch, John A./Roumani, Leila
提供機関:Harvard Business Publishing
21ページ2017年06月作成・改訂
Arge Construction Company
新着ケース英語
著者:Macomber, John D.
提供機関:Harvard Business Publishing
25ページ2017年02月作成・改訂
AT&T Versus Verizon: A Financial Comparison
新着ケース英語
著者:Narayanan, V.G./Heilprin, Joel L.
提供機関:Harvard Business Publishing
11ページ2017年06月作成・改訂
This case asks students to prepare a report comparing the financial and operating performance of AT&T and Verizon. Taking the perspective of a communications industry analyst, they must also consider the differences between and implications of the companies' business strategies and the differences between the technology and growth rates of the wireless and wireline business segments. As part of this exercise, students reorganize the balance sheets in terms of operating and financial components, calculate changes in working capital, derive un-levered free cash flow (FCF), and apply DuPont style ratios and margin analysis on a consolidated-as well as a segment-basis. Students must also consider the effects of actuarial gains and losses on operating results; and how analysts might adjust for those effects. The case was designed for first-year MBA students in financial statement analysis (FSA) and accounting classes, but it could also be used in other courses to prepare for discounted cash flow (DCF) exercises.
Harmonie Water: Refreshing the World Naturally
新着ケース英語
著者:Quelch, John A./Teopaco, John L.
提供機関:Harvard Business Publishing
6ページ2017年06月作成・改訂
The marketing director of Harmonie Mineral Water-the second-best selling bottled water in the world-is using findings from two project studies to assess how to establish a global brand identity for Harmonie via television advertising. He must decide what product attributes are sufficiently important across countries that they can be used for global brand communications. He also must determine the extent of local customization he should allow and the roles of headquarters and country managers in these communications. The case can be used in both introductory marketing classes and elective courses in Brand Management, Global Marketing, Integrated Marketing Communications, in a module on marketing communications in an Advertising class, or the global module of a Marketing Management class.
Interline Brands: Don't Stop Believing
新着ケース英語
著者:Lietz, Nori Gerardo/Andrade, Ricardo
提供機関:Harvard Business Publishing
16ページ2017年03月作成・改訂
Interline Brands, a leading distributor of residential housing maintenance and repair parts and equipment in the U.S., had just held its November 2014 board meeting. The meeting had been productive, but not without some soul searching for both the company's management team and financial sponsors. Was now the right time to start a sale process? In particular, the team wondered whether the capital markets would cooperate and how effectively the management and sponsor teams would execute. Moreover, the company had only been private for two years, and the value creation plan was only halfway through completion. While there was much to be done at Interline, the company had performed well and was gaining momentum. Interline was a rare asset in terms of the scale it had reached. However, there were still unknowns. Would buyers reward Interline with a high valuation multiple that reflected its acceleration in organic growth? Would financing markets remain healthy? Would such a process disrupt Interline's customers and employees?
Kjell and Company: Motivating Salespeople through the Sales-Force Compensation Plan (B)
新着ケース英語
著者:Chung, Doug J.
提供機関:Harvard Business Publishing
3ページ2017年06月作成・改訂
Magellan Boatworks
新着ケース英語
著者:Quelch, John A./Kindley, James
提供機関:Harvard Business Publishing
9ページ2017年06月作成・改訂
Magellan Boatworks is a midsize manufacturer of customized, power "cruising yachts." In the face of economic and political uncertainty in late 2016, Magellan's VP of sales and marketing, Walt Robinson, wonders whether he should request a budget increase for 2017. Important questions abound. Can Robinson's team increase sales even with a lower budget? Should the company reallocate its advertising and promotion budget? Should Robinson consider changing Magellan's marketing message and narrowing its target market? Why are Magellan's two best salespeople so significantly outperforming their colleagues? This case can be used in an introductory or executive course that covers integrated marketing communications (IMC), including sales. It is also suitable for elective courses in advertising strategy and sales force management. The case's focus on a luxury item that symbolizes success for many individuals should generate lively discussion.
Obesity Management at Kaiser Permanente: A New Mindset for Healthcare Delivery?
新着ケース英語
著者:Schulman, Kevin/Leya, Gregory/Beveridge, Christiana
提供機関:Harvard Business Publishing
22ページ2017年06月作成・改訂
Kaiser Permanente (KP) is the largest managed care organization in the US with over 10 million members. KP evolved from a pre-payment or capitation model that focuses the organization around the efficiency of care and the health of the population it serves. This financial model is in stark contrast to the fee-for-service payment model for other health care organizations. Given the epidemic of obesity in the US, KP is facing an enormous potential liability from future costs of obesity and diabetes. Given low turnover in health plan membership, how should they respond to this crisis? How should they invest in the health of their covered population, their employees, and the communities they serve? The case details the origins and development of KP.

17件中 1 - 10 件目を表示
前へ | 
1 2 
 | 次へ

© 2006 一般財団法人 貿易研修センター(IIST)