ようこそ ゲスト さん

【現在の検索条件】
言語:ケース全体から検索
新着・人気:人気ランキング
 ※ 業種が選択できるのは日本語ケースのみ。

検索結果

人気ランキング

1ナショナル・クランベリー協同組合(縮訳版)
人気ケース日本語
著者:Roy D. Shapiro
提供機関:Harvard Business Publishing
11ページ2006年03月作成・改訂
クランベリーをジュースやソースに加工するための連続フロー工程を描く。学習者は、工程の流れを分析して、その課題を明らかにし、生産能力を増大すべきか、またそのためにはどうすべきか判断しなければならない。
2マリオット・コーポレーション(A)
人気ケース日本語
著者:Lynn Sharp Paine/Charles A. Nichols
提供機関:Harvard Business Publishing
18ページ2006年04月作成・改訂
マリオット・コーポレーションの取締役会会長兼社長は取締役会に会社の事業再編を推薦するかどうかを決めなければならない。彼が検討している提案は、一流のホテル開発、所有、そして管理を行うマリオット・コーポレーションを株主への株式配当により、ふたつの別々な会社に分割することとなる。新しい会社のひとつは、マリオット・コーポレーションの中でも収益性のある管理事業のほとんどを持つことになる。一方、もうひとつの会社は、ほとんどの長期負債とともにホテル資産の所有権を保持する。
3マンサナ保険フルーツベイル支店(抄本)
人気ケース日本語
著者:Wheelwright, Steven C.
提供機関:Harvard Business Publishing
14ページ1997年01月作成・改訂
保険業界におけるサービスの業績評価と改善を扱う。保険業界の市場では、業務処理のスピードが非常に重要である。互いに競争している2つの支店が描かれ、業務処理時間が業績にどのような影響を及ぼしているかに触れる。業務処理時間に影響する経営上の選択を分析し、2つの支店のうち、業績の悪い方の支店は、業務処理の仕方について、決定を行わなければならない。 *これはベストセラー・ケースです。*
4米国トヨタ自動車
人気ケース日本語
著者:Kazuhiro Mishina
提供機関:Harvard Business Publishing
23ページ1995年09月作成・改訂
1992年5月1日、ケンタッキー州ジョージタウンにあるトヨタの工場の組立ライン担当マネジャー、ダグ・フリーゼンは、この工場の唯一の生産品目であるカムリに組付けるシートの問題に直面している。シートが不良、もしくはシートが組み付けられていない車両が、ライン横にどんどんたまっている。これは、最近の残業の一因ともなっているが、問題の原因や解決法を明らかにするのは容易ではない。この工場は、有名なトヨタ生産方式(TPS)を標榜しているので、フリーゼンは、できれば、TPSの考え方や手法を用いて、この問題を解決しようと考えた。学習者に、フリーゼンが取るべき行動を挙げさせ、ジョージタウン工場のシートの問題への現在の対応がTPSの理念にふさわしいものであるかどうかを分析させる。 *これは、ベストセラーケースです。
5酸性雨: サザン・カンパニー (A)
人気ケース日本語
著者:Forest Reinhardt
提供機関:Harvard Business Publishing
7ページ1993年04月作成・改訂
電力会社サザン・カンパニーは1990年の大気汚染防止法の修正案に対応するための計画を検討していた。この修正案は2酸化炭素の排出権交換システムを確立するものである。同社は、公害対策の設備に資金を投下して、排出権を他社に売却するか、逆に、設備投資を節約して、その分排出権を他社から買い取って、二酸化炭素を排出できるようにするかという選択をする必要が出てきた。
6酸性雨: サザン・カンパニー (B)
人気ケース日本語
著者:Forest Reinhardt
提供機関:Harvard Business Publishing
10ページ1992年10月作成・改訂
クリーンエア法遵守のためのサザン・カンパニーの戦略には、酸性雨:サザン・カンパニー(A)で説明された予想コスト最小化の問題に加え、法規制の不確実性が大きな問題となっている。法規制の不確実性は、二酸化硫黄の排出許可の価格が不確実であることと互いに影響しあっている。同社が直面している規制上のリスクと不確実性について、追加情報を提示する。連邦の環境規制と収益率に関する州レベルの規制との関係を探る。
7雪印乳業(A): 再生の可能性を見極める
人気ケース日本語
著者:Jenny Mead/Regina Wolfe/Akira Saito/Daryl Koehn
提供機関:Darden Business Publishing
11ページ2010年09月作成・改訂
このケース・シリーズでは、日本を舞台に重大な危機に直面した企業の責任について考察し、ブランドの再建のあり方を模索する。そしてひとりの消費者運動家が、地に落ちたこの会社の評判を取り戻す手助けをするかどうかの意思決定プロセスを描く。 2002年春、日本を代表する消費者運動家の日和佐信子は雪印乳業の取締役会に加わるよう要請された。由緒ある同社を倒産寸前にまで追い込んだ近年の二つのスキャンダル――牛乳食中毒事件と牛肉偽装事件――を受け、CEOは彼女に雪印再建を助けてほしいと考えた。日和佐はこの非常に困難な仕事を引き受けるべきか否か決めなくてはならなかった。同社は再建と再生を真摯にやろうとしているのだろうか。彼女は他の取締役会メンバーと同等に受け入れられるのか。彼女の意見や提案は真剣に考慮してもらえるだろうか。これは宣伝が目的ではないのだろうか。同僚の消費者運動家は、もし彼女がこのポジションを引き受けたらどのように思うだろうか。このケースは雪印乳業の歴史と失敗、そして1990年代初めに発生し、それに続く10年間同社を苦しめたスキャンダルについて詳細に描いている。
8ファナック株式会社: コーポレート・ガバナンスと財務方針の再検討
人気ケース日本語
著者:Benjamin C. Esty/Nobuo Sato/Akiko Kanno
提供機関:Harvard Business Publishing
21ページ2016年06月作成・改訂
2015年2月、ダニエル・ローブ(米国を拠点とするモノ言う投資家)は、彼の会社がファナック株式会社に巨額の投資を行ったことを発表した。同社は、産業用ロボットや工作機械向けソフトウェアのトップ企業である。ローブは同社に対して、財務およびガバナンス方針の変革を要求していた(例えば、より多くの現金を分配すること、「非論理的な」資本構造を修正すること、株主により多くの情報を提供するといったことである)。ファナックのCEO稲葉善治と取締役は、これに対応するかどうか、するとしたらどのように対応するのかを決断しなければならなかった。一方で、同社は各コア事業のグローバル市場でトップのシェアを築き、収益性では1人当たりでゴールドマン・サックスを超える等、大きな成功を収めていた。他方、首相が最近発表した、経済成長戦略「アベノミクス」の一環として、日本政府は財務およびガバナンス改革を呼びかけていた。稲葉と彼のチームは、提案された変革を以前から検討はしていたものの、問題は、今が本当にその変革を行う時なのかどうかということだった。
9スターバックス: 顧客サービスの提供
人気ケース日本語
著者:Youngme Moon/John A. Quelch
提供機関:Harvard Business Publishing
20ページ2006年07月作成・改訂
北米有数のスペシャリティ・コーヒーブランドであるスターバックスは、サービス面で顧客の期待を満たしていないという、最近の市場調査の結果に対応しなければならなかった。顧客満足の向上のために、同社は店舗の従業員を増やすことについて議論している。そうすれば、理論上、サービスのスピードが上がることになる。しかし、年間4000万ドルのコスト増となるこの計画が、同社の収益にどのような影響を及ぼすかは未知数であった。
10マイクロフリッジ: コンセプト
人気ケース日本語
著者:John Deighton
提供機関:Harvard Business Publishing
2ページ2002年08月作成・改訂
工学修士の学位を持つロバート・ベネットは、冷蔵庫・冷凍庫と500ワットの電子レンジをひとつにした、重さ約40キロ・高さ122センチ以下のコンパクトな電化製品を開発し、大学生に販売したいと考えた。ベネットは、どのマーケットを対象とするか、彼が闘わなくてはならない競争相手は誰か、どこと協力するべきか、築き上げるべき中核能力とは何かを判断しなくてはならなかった。
11GEとインダストリアル・インターネット
人気ケース日本語
著者:Karim R. Lakhani/Marco Iansiti/Kerry Herman
提供機関:Harvard Business Publishing
44ページ2015年03月作成・改訂
CEOのジェフ・イメルトは、GEが自社の新しいインダストリアル・インターネットに対する取り組みに対して十分なスピードで対処しているかどうかを懸念していた。事業内容はインダストリアル・インターネットの構築、機器や装置の接続、データ収集と運用、そしてこのデータと情報の分析を基にしたクライアントへのサービス提供であった。このケースでは、GEの六つの事業ユニット全てにまたがるような事業構想の意味合いやこの戦略をいかに上手く、素早く実行するかについて考察する。同社は10億ドルを投じて、この新しい製品とサービスを展開するために、カリフォルニアに新しいソフトウェア・センターを、そして本社に商業ベースの販売機能を増強することを約束していた。
12組織変革の危険性と落とし穴: 若きマネジャーの経営再建の旅
人気ケース日本語
著者:Karen Cates/Guilherme Riederer/Nathan Tacha/Rodrigue Ulrich Nselel Awanda
提供機関:The Case Centre
8ページ2014年02月作成・改訂
ブラジルにあるファッション・チェーンのクローズ・アンド・アクセサリーズの若きマネジャーであるダニエル・オリベイラは、同社の超難関管理者研修プログラムを成功裡に終了した後、売り上げにおいて遅れをとる地域に配属され、困難な状況に投げ込まれることとなった。オリベイラは、ブラジル南東部に位置する中規模都市・ヴィトーリアにある彼の店舗が、問題を抱えていることを当初から理解していた。しかし彼が変革に取りかかろうとすると、すぐにベテラン従業員からの抵抗にあった。このケースは、彼が陥った落とし穴と、多様な従業員を率いて、変革をやり遂げることの複雑さを認識していく過程を詳述している。
13パワープレイ (A): 任天堂と8ビット・ビデオゲーム
人気ケース日本語
著者:Adam Brandenburger/Julia Kou
提供機関:Harvard Business Publishing
16ページ1995年07月作成・改訂
ホームビデオゲームは1972年にアタリの創設で始まった。1980年代前半のゲームブームとその後の低迷の繰り返しで、ほとんどの企業がこの業界から去っていった。その中で、日本の任天堂が80年代後半には、世界で主導的な地位を確立し、業界を再建した。1990年までに、日本や米国の家庭の3軒に一軒は任天堂のゲーム機を保有しているというほどまでになった。任天堂の市場価値は、ソニーや、日産より高くなるほどであった。ケースは、任天堂がこの成功をおさめるまでにとったステップを記述している。また、アメリカでの任天堂に対するアンチトラストに対する調査についても記述している。また、ケースでは、単なる価値と付加価値との区別し、後者の重要性を考える。テレビや車などのほうが、ビデオゲームよりずっと大きな価値を生み出すことは明確だが、それでは、任天堂がソニーや日産より市場価値を創造することがどうして出来るのだろうか。
14グレート・イースタン・トイズ (B)
人気ケース日本語
著者:Gabriel Hawawini/Lee Remmers
提供機関:INSEAD
3ページ2000年12月作成・改訂
グレート・イースタン・トイズでは、成長戦略の一環として新製品の設計が行われており、それを生産した場合の市場潜在力や必要とされる投資金額を見積もる調査を、コンサルティング会社が行っていた。この分析は、機会費用やサンクコストおよび共通費用の評価、既存製品の売り上げを新製品が侵食する影響度(設備投資を行う際に発生する典型的な問題)などの課題が発生しうるプロジェクトの評価をするため、関連したキャッシュフローを必要とする。この投資プロジェクトは、数年に及ぶことから、DCF分析は必須である。この討議には、1セッションが必要である。
15イノベーションとリノベーション ネスプレッソ物語
人気ケース日本語
著者:Joyce Miller/Kamran Kashani
提供機関:IMD - International Institute for Management Development
26ページ2003年12月作成・改訂
このケースは、ネスレが自社の組織構造の外に設立した100%子会社によるネスプレッソシステムの開発の様子を描いている。この開発チームが、どのような課題を乗り越えて、成熟したコーヒー市場の中に新しいニッチ・セグメントを創りあたか、その成功と課題への挑戦を振り返り、これからの10年で、事業を1億5000万スイスフランから10億スイスフランに拡大する見通しに焦点を当てている。事業の大部分が大衆市場向けというネスレの従来の路線から大きく方向転換したネスプレッソの物語は、組織化された大企業におけるイノベーションについて、刺激的な教訓を与えてくれる。
16ネスレのGLOBEプログラム (A): 初めの数カ月
人気ケース日本語
著者:Killing, Peter
提供機関:IMD - International Institute for Management Development
7ページ2006年07月作成・改訂
3部からなるケースの第一部。ネッスルのクリス・ジョンソンが世界で最大級のSAPシステムの構築と導入を任せられた。スコープとしては、グローバルで、しかも、完成までの期間を5年間と限定されている。これにかかる費用は概算で、30億フランと予想されていた。 クリスはスイスへ住まいを移転し、新たな組織を作りあげて、ネッスル仕事のやり方を抜本的に変える仕事に取り掛かることになる。このケースは、クリスがこの仕事についた初期段階の様々な課題を扱っている。 *このケースはヨーロッパでのベスト・セラー・ケースです。
17ネスレのGLOBEプログラム (B): 7月の執行役員会
人気ケース日本語
著者:Killing, Peter
提供機関:IMD - International Institute for Management Development
2ページ2006年06月作成・改訂
ネッスルのグローブ・プログラム推進の次の段階を記述したケース。ケース(A)の議論の後でクラスでの配布を想定している。2000年7月に開催されたネッスルの役員会でのグローブ・プログラムについての議論を記し、クリスが直面する新たな課題を記述している。 *このケースはヨーロッパでのベスト・セラー・ケースです。
18ネスレのGLOBEプログラム (C): 「GLOBEデー」
人気ケース日本語
著者:Killing, Peter
提供機関:IMD - International Institute for Management Development
4ページ2005年03月作成・改訂
ネスレのグローブ・プログラムに関する3部シリーズの最終ケース。ケース(B)の出来事から約一年半が過ぎた段階でのケース。ネスレの各マーケットの地域担当責任者会合で、一日、グローブの進捗状況を説明することになったときの出来事。午前中のセッションで、クリス・ジョンソンは参加者の批判を浴び、苦しい立場におかれていた。ケースは、その午後のセッションをクリスがどのように対処するべきかを考える。
19GEの過去20年の体質転換: ジャック・ウェルチのリーダーシップ
人気ケース日本語
著者:Christopher A. Bartlett/Meg Wozny
提供機関:Harvard Business Publishing
26ページ2005年05月作成・改訂
GEはジャック・ウェルチの退職時期が迫ってきている状況で、これまでのような変革と成長のペースを保つことが出来る後継者が見つかるかどうかという課題に直面していた。ケースは、GEの伝統に触れ、1980年代にウェルチの行った様々なビジネス領域の変革を記した後で、80年代後半から90年代にかけて、ウェルチの実施した活性化の取り組みを記述する。特にウェルチの行った6つの大変革プログラムについて語る。ソフトウェア事業、グローバル化、リーダーシップの定義の見直し、高い目標設定、サービスビジネス開拓、6シグマの品質がそれである。
20ジョンソン・エンド・ジョンソン (A): 理念と文化
人気ケース日本語
著者:Arvind Bhambri
提供機関:Harvard Business Publishing
17ページ1986年06月作成・改訂
ジョンソン・アンド・ジョンソンの企業文化と、それを反映し推進する企業管理システム、組織構造、仕事のやり方などを描いている。主な学習目的は、強い企業文化が戦略的な意思決定に及ぼす影響を理解し、そのような文化をどのようにマネージするのがよいかを考察することである。


© 2006 一般財団法人 貿易研修センター(IIST)