ようこそ ゲスト さん
  研修・イベント開催案内
日本ケースセンターは、ケースを活用した教育の普及とその質の向上を目的に、 参加型を中心とした研修やイベントを企画しています。ケースメソッドの教育指導研修や ケースメソッド研究会など、ケースメソッド教育に携わる教育者たちがスキルを磨く機会を設けると共に、 参加者が互いに情報共有できる交流の場を提供することで、実践的教育の質の向上を支援します。
  今後の開催予定
今後の開催イベントをご案内します。詳細ボタンをクリックすると、詳しい内容を表示します。
会員種別により、お申込みができない場合がありますので、あらかじめご了承ください。
イベント情報:内容: 
開催日程2017/10/03
イベント名第22回「CCJケースメソッド研究会」
サマリー日本ケースセンターは、ケース討議の実践力向上の場として、「CCJケースメソッド研究会」を開催しております。次回の研究会は、課題ケースによる教育実践の可能性がどこまで広がるかを、全員で検討する構成で実施します。課題ケースからどのような学びが可能か、より実践的で効果的な授業計画について検討します。また、ケースに登場する企業の社長にもご参加頂く予定です。ケースメソッドでの指導経験は問いません。奮ってご参加下さい。
※申込みボタンは「ログイン」しないと表示されません。
対象専門会員、学術会員
連絡事項◆当日の理解をより深めていただくために、事前に課題を提出していただきます。
◆参加の可否については、お申込み後、1週間以内にメール連絡します。
◆事前資料はご登録またはご指定の配送先へお送りします。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、申込みを締め切りとさせていただく場合があります。
◆9月7日以降にお申込みをキャンセルされる場合には、1,000円の事務手数料を申し受けますのであらかじめご了承下さい。
会場名一般財団法人 貿易研修センター 大会議室


  これまでの開催報告
過去の開催イベントをご報告します。詳細ボタンをクリックすると、詳しい内容を表示します。
ページトップ
イベント情報:内容:報告:
開催日程2017/06/23
イベント名第21回「CCJケースメソッド研究会」
サマリー日本ケースセンターは、ケースメソッド授業の運営能力の向上を図るため、ディスカッションリードの演習の場を提供し、参加者同士で研鑽する「CCJケースメソッド研究会」を開催いたしております。本研究会では、ケースリードのスキルを磨きたい参加者が、自らケースを選択して授業計画を準備し、ディスカッションリーダーとして模擬授業を行います。生徒役となる参加者の討議をリードすることにより、ケースメソッド運営の実践的な能力を高めることができます。また、生徒役の参加者も、他者のケースリードを体験し、一緒に授業内容について振り返って学んでいきます。  
※申込みボタンは「ログイン」しないと表示されません。
連絡事項◆当日の理解をより深めていただくために、事前に課題を提出していただきます。
◆参加の可否については、お申込み後、1週間以内にメール連絡します。
◆事前資料はご登録またはご指定の配送先へお送りします。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、申込みを締め切りとさせていただく場合があります。
◆5月29日以降にお申込みをキャンセルされる場合には、1,000円の事務手数料を申し受けますのであらかじめご了承下さい。
会場名一般財団法人 貿易研修センター 大会議室
開催日程2017/03/31
イベント名第20回「CCJケースメソッド研究会」
サマリー日本ケースセンターは、ケースメソッド授業の運営能力の向上を図るため、ディスカッションリードの演習の場を提供し、参加者同士で研鑽する「CCJケースメソッド研究会」を開催いたしております。本研究会では、ケースリードのスキルを磨きたい参加者が、自らケースを選択して授業計画を準備し、ディスカッションリーダーとして模擬授業を行います。生徒役となる参加者の討議をリードすることにより、ケースメソッド運営の実践的な能力を高めることができます。また、生徒役の参加者も、他者のケースリードを体験し、一緒に授業内容について振り返って学んでいきます。  
※申込みボタンは「ログイン」しないと表示されません。
連絡事項◆当日の理解をより深めていただくために、事前に課題を提出していただきます。
◆参加の可否については、お申込み後、1週間以内にメール連絡します。
◆事前資料はご登録またはご指定の配送先へお送りします。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、申込みを締め切りとさせていただく場合があります。
◆3月7日以降にお申込みをキャンセルされる場合には、1,000円の事務手数料を申し受けますのであらかじめご了承下さい。
会場名一般財団法人 貿易研修センター 大会議室
開催日程2016/12/09
イベント名第19回「CCJケースメソッド研究会」
サマリー日本ケースセンターは、ケースメソッド授業の運営能力の向上を図るため、ディスカッションリードの演習の場を提供し、参加者同士で研鑽する「CCJケースメソッド研究会」を開催いたしております。今回の研究会は少し趣向を変えて開催致します。いつものケースリードのスキルを磨きたい参加者が、自らケースを選択して授業計画を準備し、ディスカッションリーダーとして模擬授業をする形式ではなく、講義+パネルセッション形式で、ケースメソッドの導入における疑問、質問、お悩みにお答えしながら、インタラクティブに学べる企画です。  
※申込みボタンは「ログイン」しないと表示されません。
連絡事項◆参加の可否については、お申込み後、1週間以内にメール連絡します。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、申込みを締め切りとさせていただく場合があります。
会場名一般財団法人 貿易研修センター 大会議室
開催日程2016/09/16
イベント名第18回「CCJケースメソッド研究会」
サマリー日本ケースセンターは、ケースメソッド授業の運営能力の向上を図るため、ディスカッションリードの演習の場を提供し、参加者同士で研鑽する「CCJケースメソッド研究会」を開催いたしております。本研究会では、ケースリードのスキルを磨きたい参加者が、自らケースを選択して授業計画を準備し、ディスカッションリーダーとして模擬授業を行います。生徒役となる参加者の討議をリードすることにより、ケースメソッド運営の実践的な能力を高めることができます。また、生徒役の参加者も、他者のケースリードを体験し、一緒に授業内容について振り返って学んでいきます。  
※申込みボタンは「ログイン」しないと表示されません。
連絡事項◆当日の理解をより深めていただくために、事前に課題を提出していただきます。
◆参加の可否については、お申込み後、1週間以内にメール連絡します。
◆事前資料はご登録またはご指定の配送先へお送りします。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、申込みを締め切りとさせていただく場合があります。
◆8月21日以降にお申込みをキャンセルされる場合には、1,000円の事務手数料を申し受けますのであらかじめご了承下さい。
会場名一般財団法人 貿易研修センター 大会議室
開催日程2016/06/03
イベント名第17回「CCJケースメソッド研究会」
サマリー日本ケースセンターは、ケースメソッド授業の運営能力の向上を図るため、ディスカッションリードの演習の場を提供し、参加者同士で研鑽する「CCJケースメソッド研究会」を開催いたしております。本研究会では、ケースリードのスキルを磨きたい参加者が、自らケースを選択して授業計画を準備し、ディスカッションリーダーとして模擬授業を行います。生徒役となる参加者の討議をリードすることにより、ケースメソッド運営の実践的な能力を高めることができます。また、生徒役の参加者も、他者のケースリードを体験し、一緒に授業内容について振り返って学んでいきます。  
※申込みボタンは「ログイン」しないと表示されません。
連絡事項◆当日の理解をより深めていただくために、事前に課題を提出していただきます。
◆参加の可否については、お申込み後、1週間以内にメール連絡します。
◆事前資料はご登録またはご指定の配送先へお送りします。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、申込みを締め切りとさせていただく場合があります。
◆5月16日以降にお申込みをキャンセルされる場合には、1,000円の事務手数料を申し受けますのであらかじめご了承下さい。
会場名一般財団法人 貿易研修センター 大会議室
開催日程2016/02/26
イベント名第16回「CCJケースメソッド研究会」
サマリー日本ケースセンターは、ケースメソッド授業の運営能力の向上を図るため、ディスカッションリードの演習の場を提供し、参加者同士で研鑽する「CCJケースメソッド研究会」を開催いたしております。本研究会では、ケースリードのスキルを磨きたい参加者が、自らケースを選択して授業計画を準備し、ディスカッションリーダーとして模擬授業を行います。生徒役となる参加者の討議をリードすることにより、ケースメソッド運営の実践的な能力を高めることができます。また、生徒役の参加者も、他者のケースリードを体験し、一緒に授業内容について振り返って学んでいきます。  
※申込みボタンは「ログイン」しないと表示されません。
連絡事項◆当日の理解をより深めていただくために、事前に課題を提出していただきます。
◆参加の可否については、お申込み後、1週間以内にメール連絡します。
◆事前資料はご登録またはご指定の配送先へお送りします。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、申込みを締め切りとさせていただく場合があります。
◆2月1日以降にお申込みをキャンセルされる場合には、1,000円の事務手数料を申し受けますのであらかじめご了承下さい。
会場名一般財団法人 貿易研修センター 大会議室
開催日程2015/11/06
イベント名第15回「CCJケースメソッド研究会」
サマリー日本ケースセンターは、ケースメソッド授業の運営能力の向上を図るため、ディスカッションリードの演習の場を提供し、参加者同士で研鑽する「CCJケースメソッド研究会」を開催いたしております。本研究会では、ケースリードのスキルを磨きたい参加者が、自らケースを選択して授業計画を準備し、ディスカッションリーダーとして模擬授業を行います。生徒役となる参加者の討議をリードすることにより、ケースメソッド運営の実践的な能力を高めることができます。また、生徒役の参加者も、他者のケースリードを体験し、一緒に授業内容について振り返って学んでいきます。  
※申込みボタンは「ログイン」しないと表示されません。
連絡事項◆当日の理解をより深めていただくために、事前に課題を提出していただきます。
◆参加の可否については、お申込み後、1週間以内にメール連絡します。
◆事前資料はご登録またはご指定の配送先へお送りします。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、申込みを締め切りとさせていただく場合があります。
会場名一般財団法人 貿易研修センター 大会議室
開催日程2015/09/04
イベント名第14回「CCJケースメソッド研究会」
サマリー日本ケースセンターは、ケースメソッド授業の運営能力の向上を図るため、ディスカッションリードの演習の場を提供し、参加者同士で研鑽する「CCJケースメソッド研究会」を開催いたしております。本研究会では、ケースリードのスキルを磨きたい参加者が、自らケースを選択して授業計画を準備し、ディスカッションリーダーとして模擬授業を行います。生徒役となる参加者の討議をリードすることにより、ケースメソッド運営の実践的な能力を高めることができます。また、生徒役の参加者も、他者のケースリードを体験し、一緒に授業内容について振り返って学んでいきます。  
※申込みボタンは「ログイン」しないと表示されません。
連絡事項◆当日の理解をより深めていただくために、事前に課題を提出していただきます。
◆参加の可否については、お申込み後、1週間以内にメール連絡します。
◆事前資料はご登録またはご指定の配送先へお送りします。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、申込みを締め切りとさせていただく場合があります。
会場名一般財団法人 貿易研修センター 大会議室
開催日程2015/02/27
イベント名第13回「CCJケースメソッド研究会」
サマリー日本ケースセンターは、ケースメソッド授業の運営能力の向上を図るため、ディスカッションリードの演習の場を提供し、参加者同士で研鑽する「CCJケースメソッド研究会」を開催いたしております。本研究会では、ケースリードのスキルを磨きたい参加者が、自らケースを選択して授業計画を準備し、ディスカッションリーダーとして模擬授業を行います。生徒役となる参加者の討議をリードすることにより、ケースメソッド運営の実践的な能力を高めることができます。また、生徒役の参加者も、他者のケースリードを体験し、一緒に授業内容について振り返って学んでいきます。  
※申込みボタンは「ログイン」しないと表示されません。
連絡事項◆当日の理解をより深めていただくために、事前に課題を提出していただきます。
◆参加の可否については、お申込み後、1週間以内にメール連絡します。
◆事前資料はご登録またはご指定の配送先へお送りします。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、申込みを締め切りとさせていただく場合があります。
会場名一般財団法人 貿易研修センター 大会議室
開催日程2014/11/28
イベント名第12回「CCJケースメソッド研究会」
サマリー日本ケースセンターは、ケースメソッド授業の運営能力の向上を図るため、ディスカッションリードの演習の場を提供し、参加者同士で研鑽する「CCJケースメソッド研究会」を開催いたしております。本研究会では、ケースリードのスキルを磨きたい参加者が、自らケースを選択して授業計画を準備し、ディスカッションリーダーとして模擬授業を行います。生徒役となる参加者の討議をリードすることにより、ケースメソッド運営の実践的な能力を高めることができます。また、生徒役の参加者も、他者のケースリードを体験し、一緒に授業内容について振り返って学んでいきます。
※申込みボタンは「ログイン」しないと表示されません。
連絡事項◆当日の理解をより深めていただくために、事前に課題を提出していただきます。
◆参加の可否については、お申込み後、1週間以内にメール連絡します。
◆事前資料はご登録またはご指定の配送先へお送りします。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、申込みを締め切りとさせていただく場合があります。
会場名一般財団法人 貿易研修センター 大会議室
開催日程2014/08/29
イベント名第11回「CCJケースメソッド研究会」
サマリー日本ケースセンターは、ケースメソッド授業の運営能力の向上を図るため、ディスカッションリードの演習の場を提供し、参加者同士で研鑽する「CCJケースメソッド研究会」を開催いたします。本研究会では、ケースリードのスキルを磨きたい参加者が、自らケースを選択して授業計画を準備し、ディスカッションリーダーとして模擬授業を行います。生徒役となる参加者の討議をリードすることにより、ケースメソッド運営の実践的な能力を高めることができます。また、生徒役の参加者も、他者のケースリードを体験し、一緒に授業内容について振り返って学んでいきます。
※申込みボタンは「ログイン」しないと表示されません。
連絡事項◆当日の理解をより深めていただくために、事前に課題を提出していただきます。
◆参加の可否については、お申込み後、1週間以内にメール連絡します。
◆事前資料はご登録またはご指定の配送先へお送りします。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、申込みを締め切りとさせていただく場合があります。
会場名一般財団法人 貿易研修センター 大会議室
開催日程2014/03/20
イベント名ケースメソッド導入セミナー
サブタイトル〜ケースメソッドの舞台裏を学ぶ・教材編〜
サマリー日本ケースセンターは、全3回に渡り、ケースメソッドを研修や授業に効果的に導入するための方法を学ぶセミナーを実施しています。最終回となる第3回目では、「教材としてのケース」に焦点を当て、優良なケースとはどのようなケースなのか、優良なケースを通じて何を得ることができるのか、参加者の皆様と考えていきます。また、テーマやタイプ別のケースの選び方などについて意見交換を行い、これから研修や授業でケースを選択する上で役立たせていただけます。  
※申込みボタンは「ログイン」しないと表示されません。
連絡事項◆当日の理解をより深めていただくために、事前に課題を提出していただきます。
◆参加の可否については、お申込み後、1週間以内にメール連絡します。
◆参加費の着金をもって、登録完了となります。
◆事前資料はご登録またはご指定の配送先へお送りします。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、申込みを締め切りとさせていただく場合があります。
会場名ラーニングスクエア新橋
開催日程2014/01/23
イベント名ケースメソッド導入セミナー
サブタイトル〜ケースメソッドの舞台裏を学ぶ・指導編〜
サマリー日本ケースセンターは、全3回に渡り、ケースメソッドを研修や授業に効果的に導入するための方法を学ぶセミナーを実施しています。第2回目の指導編では、ディスカッション・リードにおけるポイントや留意点、期待する学習効果にあわせたケースの扱い方、効果的な授業の設計方法などを学習します。実際にケースで授業や研修を行う方は勿論のこと、ケースを使用した研修企画を担当する方にも必要な知識を学ぶことができます。
※申込みボタンは「ログイン」しないと表示されません。
連絡事項◆当日の理解をより深めていただくために、事前に課題を提出していただきます。
◆参加の可否については、お申込み後、1週間以内にメール連絡します。
◆参加費の着金をもって、登録完了となります。
◆事前資料はご登録またはご指定の配送先へお送りします。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、申込みを締め切りとさせていただく場合があります。
会場名ラーニングスクエア新橋
開催日程2013/11/29
イベント名ケースメソッド導入セミナー
サブタイトル〜ケースメソッドの舞台裏を学ぶ・企画編〜
サマリー「ケースメソッド導入セミナー」は、全3回に渡って、ケースメソッドを研修や授業に効果的に導入する方法を学ぶ機会を提供します。第1回目は、ケースを導入した研修の企画方法をテーマに、ケースを活用した研修や授業から得られる効果や、研修プログラム開発の考え方などを学習します。ケースメソッドの導入を検討している方から、より効果的な研修企画や教授方法を学びたい経験者の方まで、ぜひご参加ください。 
※申込みボタンは「ログイン」しないと表示されません。
連絡事項◆当日の理解をより深めていただくために、事前に課題を提出していただきます。
◆参加の可否については、お申込み後、1週間以内にメール連絡します。
◆参加費の着金をもって、登録完了となります。
◆事前資料はご登録またはご指定の配送先へお送りします。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、申込みを締め切りとさせていただく場合があります。
会場名ラーニングスクエア新橋
開催日程2013/04/17
イベント名ケースメソッドを通して考えるシリーズ「失敗から学ぶ(3)」
サマリーケースメソッドによる討議を通して、テーマについて考えると同時に、ケースメソッドへの理解を深めることを目的にしたシリーズ(全3回)の最終回です。「失敗に終わった」ケースを取り上げ、失敗に至る過程から学べることや、自らの仕事や生活に活かせるヒントを探って行きます。現在ケースで教えている方はもちろん、これから教える予定の方、また本メソッドの導入を検討している研修企画担当の方まで遠慮なくお申込みください。

※申込みボタンは「ログイン」しないと表示されません。
連絡事項◆事前課題の取組みが求められます。
◆最終セッションでは、これまでの本シリーズでの討議体験を踏まえて、参加者同士の情報交換を兼ねた意見交換会を実施します。
会場名(一財)貿易研修センター 大会議室
開催日程2013/03/13
イベント名第2回「ケース探究ラボ」
サマリーケースメソッドによる討議運営者として、「一つのケースを、トコトン討議したい」という声にお応えして、一つのケースを極めたい方に向けた企画です。

本会では、1つのケースを取り上げ、専門分野や関心事項を同じくする参加者同士で討議を重ねながら、そのケースが持つ可能性を掘り下げてゆく企画です。設定可能な教育目的や、活用できる分析手法・理論、他のケースと合わせたコース組み立てなど、様々な視点から考察することで、リード役と共に、参加者自身が、自信を持って教えられるケースのレパートリーを増やしていきます。

※申込みボタンは「ログイン」しないと表示されません。
連絡事項◆ケースメソッドで授業を教えている方、または導入を検討している方で、マーケティング、経営戦略を専門とする方、もしくは「経営情報」「消費者間コミュニケーション」における見識がある方
◆事前に、授業計画(案)作成等の課題提出が求められます。
◆参加者には、終了後、指定ケースに関するコメントを頂きます。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、キャンセル待ちとなる場合がございます。
会場名(一財)貿易研修センター 大会議室
開催日程2013/02/13
イベント名ケースメソッドを通して考えるシリーズ
サブタイトル「失敗から学ぶ(2)」
サマリーケースメソッドによる討議を通して、テーマについて考えると同時に、ケースメソッドへの理解を深めることを目的にしたシリーズ(全3回)の第2回目です。CCJ取り扱いの中でも数少ない「失敗に終わった」ケースを取り上げ、失敗に至る過程から学べることや、自らの仕事や生活に活かせるヒントを探って行きます。現在ケースで教えている方はもちろん、これから教える予定の方、また本メソッドの導入を検討している研修企画担当の方まで遠慮なくお申込みください。

※申込みボタンは「ログイン」しないと表示されません。
連絡事項◆ケースメソッドによる討議が初めての方は、当日本会に先だって実施されるオリエンテーション参加が必要です。
◆事前課題の取組みが求められます。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、キャンセル待ちとなる場合がございます。
◆12/28〜1/3までのお申込み、お問合せについては、1/4以降の対応となります。
会場名(一財)貿易研修センター 大会議室
開催日程2012/11/27
イベント名ケースメソッドを通して考えるシリーズ
サブタイトル「失敗から学ぶ(1)」
サマリーケースメソッドによる討議を通して、テーマについて考えると共に、ケースメソッドへの理解を深めることを目的にしたシリーズ(全3回)の第1回目です。CCJでも数少ない「失敗に終わった」ケースを取り上げ、失敗に至る過程から学べることや、成功に導くためのヒントを探って行きます。今回は、CCJでも人気のあるケース「エヴェレスト−1996年の出来事」を使います。

現在ケースで教えている方はもちろん、これから教える予定の方、また本メソッドの導入を検討している研修企画担当の方まで、遠慮なくお申込みください。

※申込みボタンは「ログイン」しないと表示されません。
連絡事項◆ケースメソッドによる討議が初めての方は、事前開催のオリエンテーション参加が必要です。
◆事前課題の取組みが求められます。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、キャンセル待ちとなる場合がございます。
会場名(一財)貿易研修センター 大会議室
開催日程2012/04/21
イベント名「ディスカッション・リードのアートとサイエンス」
サブタイトル多彩なレスポンスで広がる討議の可能性
サマリーアジア経営大学院(AIM)のCanto教授を迎え、「討議を深めるレスポンス」に焦点をあてます。討議運営者によるレスポンスの種類を分析・理解し、そのバリエーションを広げて、目的にあった多様なレスポンスを適切に選択し、柔軟に使いこなすことにより、想定外の発言や討議展開に対しても、教育目的達成に向けて、安定した討議運営を進められるスキルを身に付けます。
連絡事項◆ケースメソッドを使用した授業の運営経験がある方が対象です。
◆事前課題の取組みが求められます。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、キャンセル待ちとなる場合がございます。
会場名千代田区立日比谷図書文化館 スタジオプラス(小ホール)
開催日程2012/03/22
イベント名第10回「CCJケースメソッド研究会」
サブタイトル【限定企画】ご案内を差し上げた方対象 (お申込みには、ログインが必要です。)
サマリー2009年12月より定期開催しているケースリードに関する研究会です。

今回は10回目という節目を迎え、これまで実施された全9回を改めて振り返り、総括する特別編を開催します。本会では、参加者の皆様から事前にご提出頂く課題回答をもとに、特に「参考になった点」に焦点をあてて、討議します。これまでのディブリーフィングで十分に議論できなかった点や、本会参加後に自身のリードに生じた変化など、自由に意見を交わしながら、効果的なケースリードのポイントを共有していきます。★ご案内メールに関わらず、本研究会に参加履歴のある方で、ご関心のある方は、遠慮なくお問合せください。
連絡事項◆本研究会へのご案内を受け取られた方への限定企画です。
◆期限(2/27)までに課題をご提出頂く必要があります。
◆応募者多数の場合、ご参加頂けない場合があります。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、キャンセル待ちとなる場合がございます。
会場名(財)貿易研修センター 大会議室
開催日程2012/01/26
イベント名「ケース探究ラボ」
サマリー「一つのケースを、トコトン討議したい」という声にお応えして、一つのケースを極めたい方に向けた新企画です。

本会では、毎回1つのケースを取り上げ、専門分野を同じくする参加者同士で討議を重ねながら、そのケースが持つ可能性を掘り下げてゆく新企画です。設定可能な教育目的や、活用できる分析手法・理論、他のケースと合わせたコース組み立てなど、様々な視点から考察することで、リード役と共に、参加者自身が、自信を持って教えられるケースのレパートリーを増やしていきます。
連絡事項◆ケースメソッドを使用した授業の運営経験がある方が対象です。
◆事前課題の取組みが求められます。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、キャンセル待ちとなる場合がございます。
会場名(一財)貿易研修センター 大会議室
開催日程2011/12/09
イベント名第9回「CCJケースメソッド研究会」
サマリー「実際の授業を通して、ケースリードを改善するヒントを得たい」という声にお応えして企画された研究会です。

本会では、日ごろ大学や企業等で、実際にケースメソッドで授業を運営しているリード役が、同様にケースリードの経験を有する参加者を対象に、模擬授業を行います。生徒役である参加者は、事前の課題と共に自身の授業プランを準備し、当日は、リード役の視点を持って討議に参加します。授業終了後、リード役が事前に準備した授業プランと照らし合わせ、実際の授業内容を振り返りながら、より学習効果の高いリードについて検討します。
連絡事項◆ケースメソッドを使用した授業の運営経験が1年以上ある方が対象です。
◆事前課題の取組みと授業プランの考案など、議論に寄与する十分な事前準備が求められます。
◆次回以降リード役をお引き受け頂ける方を優先的にご案内させて頂く場合があります。
◆HPで「募集中」の場合でも、申込状況と処理手続きの時差により、キャンセル待ちとなる場合が
 ございます。
会場名(財)貿易研修センター 大会議室 (※交流会会場は虎ノ門隣接地を予定)
開催日程2011/09/30
イベント名第8回「CCJケースメソッド研究会」
サマリー「ケースリードを試す場がほしい」、「実際の授業を通して、ケースリードを改善するヒントを得たい」という声にお応えして企画された研究会です。

本会では、日ごろ大学や企業等で、実際にケースメソッドで授業を運営しているリード役が、同様にケースリードの経験を有する参加者を対象に、模擬授業を行います。生徒役である参加者は、事前の課題と共に自身の授業プランを準備し、当日は、リード役の視点を持って討議に参加します。授業終了後、リード役が事前に準備した授業プランと照らし合わせ、実際の授業内容を振り返りながら、より学習効果の高いリードについて検討します。
連絡事項◆ケースメソッドを使用した授業の運営経験が1年以上ある方が対象です。
◆事前課題の取組みと授業プランの考案など、議論に寄与する十分な事前準備が求められます。
◆次回以降リード役をお引き受け頂ける方を優先的にご案内させて頂く場合があります。
会場名(財)貿易研修センター 大会議室
開催日程2011/07/26
イベント名企業研修の講師のためのインタラクティブ・セッション
サブタイトル「企業研修で行うケースメソッド授業 −そのチャンスとリスク−」
サマリー慶應義塾大学大学院経営管理研究科の高木晴夫教授と竹内伸一特任准教授をお迎えし、ケースメソッドを活用した企業研修等で、多くの経験を積み重ねて来られた両氏に、これまで直面してきた課題とその都度克服されてきた経験を参加者と共有して頂くセッションを東京で開催します。

本セッションでは、事前アンケートと当日のプログラムを通して、参加者自身が抱える課題を提起して頂き、それぞれの課題に対する解決のヒントを講師・参加者の経験を元に、双方向のコミュニケーションを通して探っていきます。
連絡事項対象者は、以下a)b)c)「全て」に当てはまる方
a) 学術会員または専門会員の方
b) 現在、企業・団体等で教えている方、または企業の研修担当の方(それぞれすでにケースメソッドを活用されている方。但し年数は問いません)
c) ケースメソッドの活用について、提起したい課題がある方
会場名野村コンファレンスプラザ日本橋 「6F 中2ホール」
開催日程2011/04/20
イベント名第7回「CCJケースメソッド研究会」
サマリー「ケースリードを試す場がほしい」、「実際の授業を通して、ケースリードを改善するヒントを得たい」という声にお応えして企画された研究会です。

本会では、日ごろ大学や企業等で、実際にケースメソッドで授業を運営しているリード役が、同様にケースリードの経験を有する参加者を対象に、模擬授業を行います。生徒役である参加者は、事前の課題と共に自身の授業プランを準備し、当日は、リード役の視点を持って討議に参加します。授業終了後、リード役が事前に準備した授業プランと照らし合わせ、実際の授業内容を振り返りながら、より学習効果の高いリードについて検討します。
連絡事項◆ケースメソッドを使用した授業の運営経験が1年以上ある方が対象です。
◆事前課題の取組みと授業プランの考案など、議論に寄与する十分な事前準備が求められます。
◆次回以降リード役をお引き受け頂ける方を優先的にご案内させて頂く場合があります。
会場名一般財団法人 貿易研修センター 大会議室
開催日程2011/03/18
イベント名実践者のための「ケースメソッド教授法」ワークショップ
サブタイトル〜教育目的・授業計画・運営能力に焦点を当てて〜
サマリー学校や企業等で既に教える場をお持ちの方で、ケースメソッドの「導入を検討している」、または既に導入済でも「改めて基本を見直したい」という方が対象のワークショップです。実際にケースメソッドを、自身の授業や講座に取り入れて行くために、必要な準備や討議運営上のポイントについて、検討していきます。

参加者は、講師の指定著書を読了した上で、準備・参加して頂きます。その上で、書面だけでは限界がある部分について、講師や他の参加者とのやり取りや作業を通じ、実際にケースメソッドを取り入れて行くための道筋や、より効果的な討議の運営について考えていきます。
連絡事項対象者は、以下a)b)c)「全て」に当てはまる方
a) 現在、学校や企業等で教えていて、ケースメソッド教授法を導入することが可能である、または既に本メソッドを導入して教えている学術・専門会員の方
b) 竹内伸一著「ケースメソッド教授法入門」を読了している方
c) 事前課題の取組みと授業計画書の作成など、十分な事前準備ができる方
会場名野村コンファレンスプラザ日本橋 「6F 中2ホール」
開催日程2011/03/04
イベント名第6回「CCJケースメソッド研究会」
サマリー「ケースリードを試す場がほしい」、「実際の授業を通して、ケースリードを改善するヒントを得たい」という声にお応えして企画された研究会です。

本会では、日ごろ大学や企業等で、実際にケースメソッドで授業を運営しているリード役が、同様にケースリードの経験を有する参加者を対象に、模擬授業を行います。生徒役である参加者は、事前の課題と共に自身の授業プランを準備し、当日は、リード役の視点を持って討議に参加します。授業終了後、リード役が事前に準備した授業プランと照らし合わせ、実際の授業内容を振り返りながら、より学習効果の高いリードについて検討します。
連絡事項◆ケースメソッドを使用した授業の運営経験が1年以上ある方が対象です。
◆事前課題の取組みと授業プランの考案など、議論に寄与する十分な事前準備が求められます。
◆次回以降リード役をお引き受け頂ける方を優先的にご案内させて頂く場合があります。
会場名(財)貿易研修センター 大会議室
開催日程2010/12/03
イベント名第5回「CCJケースメソッド研究会」
サマリー「ケースリードを試す場がほしい」、「実際の授業を通して、ケースリードを改善するヒントを得たい」という声にお応えして企画された研究会です。

本会では、日ごろ大学や企業等で、実際にケースメソッドで授業を運営しているリード役が、同様にケースリードの経験を有する参加者を対象に、模擬授業を行います。生徒役である参加者は、事前の課題と共に自身の授業プランを準備し、当日は、リード役の視点を持って討議に参加します。授業終了後、リード役が事前に準備した授業プランと照らし合わせ、実際の授業内容を振り返りながら、より学習効果の高いリードについて検討します。
連絡事項◆ケースメソッドを使用した授業の運営経験が「1年以上」ある方が対象です。
◆事前課題の取組みと授業プランの考案など、議論に寄与する十分な事前準備が求められます。
◆次回以降リード役をお引き受け頂ける方を優先的にご案内させて頂く場合があります。
会場名(財)貿易研修センター 大会議室
開催日程2010/09/30
イベント名第4回 CCJケースメソッド研究会
サマリー「ケースリードを試す場がほしい」、「実際の授業を通してケースリードを改善するヒントを得たい」という声にお応えして企画された研究会です。

本会では、普段大学や企業等で、実際に授業を運営しているリード役が、同様にケースリードの経験を有する参加者を対象に、模擬授業を行います。生徒役である参加者は、日頃のリード役の視点を持って、討論に参加します。授業終了後、リード役が事前に準備した授業計画と照らし合わせ、実際の授業内容を振り返ります。
連絡事項◆ケースメソッドを使用した授業の運営経験が1年以上ある方が対象です。(次回以降のリード役をお願いする場合があります。)
◆本会の趣旨により、次回以降リード役をお引き受け頂ける方を優先的にご案内させて頂く場合がございます。
会場名(財)貿易研修センター 大会議室
開催日程2010/06/04
イベント名第3回 CCJケースメソッド研究会
サマリー「ケースリードを試す場がほしい」、「実際の授業を通してケースリードを改善するヒントを得たい」という声にお応えして企画された研究会です。
連絡事項◆ケースメソッドを使用した授業の運営経験が1年以上ある方が対象です。(次回以降のリード役をお願いする場合があります。)
◆本会の趣旨により、次回以降リード役をお引き受け頂ける方を優先的にご案内させて頂く場合がございます。
会場名(財)貿易研修センター 大会議室
開催日程2010/03/19
イベント名第2回 CCJケースメソッド研究会
サマリー「ケースリードを試す場がほしい」、「実際の授業を通してケースリードを改善するヒントを得たい」という声にお応えして企画された研究会です。

本会では、普段大学や企業等で、実際に授業を運営しているリード役が、同様にケースリードの経験を有する参加者を対象に、模擬授業を行います。生徒役である参加者は、日頃のリード役の視点を持って、討論に参加します。授業終了後、リード役が事前に準備した授業計画と照らし合わせ、実際の授業内容を振り返ります。
連絡事項◆ケースメソッドを使用した授業の運営経験が1年以上ある方が対象です。
会場名(財)貿易研修センター
開催日程2009/12/04
イベント名CCJケースメソッド研究会
サマリー「ディスカッション・リードを試す場がほしい」という声に応えたワークショップです。本会では、ディスカッションリーダー(DL)は、自ら選んだケースでリードを試み、日頃授業を運営している討議参加者は受講者の立場で議論に参加します。討議終了後は、DLの事前プランを元に、予定通りに討議が進められたか、どこに改善の余地があるのか、等について参加者全員がDLの立場になって検討します。好評により、今後定期的に開催予定。
会場名(財)貿易研修センター
開催日程2009/09/11
2009/09/12
イベント名コースデザイン・ワークショップ
サブタイトルより効果的なコースをつくるために
サマリー2009年9月11日(金)と12日(土)の2日間、当センターの学術・専門会員で、既にケースを使って授業を運営している方を対象に、ケースメソッドを活用したコースデザイン・ワークショップを開催します。本プログラムでは、ケースメソッドを有効に活用する経営管理のコースを設計するにあたり考慮すべき点を考え、コース設計のスキルを高めることに焦点を当てます。様々なコースのデザインに触れ、議論を重ねながら、受講者・運営者双方に適したコースを検討し、実際に作り上げていきます。講師には、アジアのケースメソッド教育導入の草分けであるアジア経営大学院教授、Buenaventura Canto氏をお招きします。
連絡事項【対象者】CCJ学術および専門会員で、かつ以下 a) b)両方に当てはまる方(学生不可)

a) 実際にケースメソッドで授業を運営している(したことのある)方
b) 全セッションに参加できる方
※ 参加者には、事前および会期中に、課題への取組みが求められます。
会場名TKP虎ノ門ビジネスセンター
開催日程2009/07/17
2009/07/18
イベント名ケースメソッド教授法セミナー
サブタイトル「ハーバードでは、どう授業を準備・運営しているのか」
サマリーケースメソッドの本家とも言うべきHBSは、その教育方法を多くの人が体得するための手法やノウハウを蓄積し、実践の役に立てる活動を重ねて来ました。その中心機関がC. ローランド・クリステンセン教育センターです。ご自信の授業運営の経験を他の参加者とも共有できる、貴重な機会となるに違いありません。奮ってご参加ください。
連絡事項※参加費(前払い)のお支払方法は、お申込者にメールにてご連絡いたします。
※参加者には、事前に送付するケースと課題への準備が求められます。
※一部英文の教材が含まれる場合がございます。
※プログラムの内容上、学生のご参加はご遠慮ください。
会場名アカデミーヒルズ49「オーディトリアム」
開催日程2009/06/28
2009/06/29
イベント名ケースメソッド教授法ワークショップ
サブタイトル「学習効果を高めるディスカッションリード」
サマリー「ケースメソッドで授業を始めたが中々思ったように教育の目的が果たせない」、「どうすれば、活発な議論が展開されるのか?」「どこまで方向付けをするべきか?」等々、日頃ケースメソッド授業を運営する多くの方が抱える課題に焦点をあてたプログラムです。

講師には、アジアのケースメソッド教育導入の草分けであるアジア経営大学院(フィリピン)で40年以上に及ぶケースメソッドの経験を持つカント教授をお招きします。ケースメソッド授業を効果的に運営するために知っておきたい、様々な手法、スキル、考え方などを実際のケース・ディスカッションを通して分析・体験して頂くワークショップです。
連絡事項※参加者には事前課題の提出が求められます。
※応募者多数の場合、ご所属・経験等を考慮した上で、参加の可否を確定
させて頂く場合がございます。
※一部資料は英語のみとなります。
会場名TKP虎ノ門ビジネスセンター
開催日程2008/09/15
イベント名ケースライティング・ワークショップ(福岡)
サブタイトル 
サマリー9月15日(月・祝)、九州を拠点にケース・メソッド教授法によるビジネス教育に取り組んでいるケース・メソッド研究会および九州大学専門職大学院コンソーシアムと当センターが主催で、福岡市の西南学院大学において、ケースライティング・ワークショップを開催しました。ケース作成の具体的な手法とケース・リードの技法に主な焦点をあて、ケースを作成する際のポイントや注意点などを共有し、改善のためのヒント等が提示されました。
連絡事項 
会場名西南学院大学
開催日程2008/06/26
イベント名HBSケースメソッド教授法セミナー
サブタイトルハーバードでは、どう授業を準備・運営しているのか
サマリーケースメソッド教授法は、ビジネス・スクールを始めとする国内外の教育機関において活用されていますが、もともとハーバード・ビジネス・スクール(HBS)が、同学のロースクールの判例を使う教育にヒントを得て、実践的な意思決定の訓練として始めたものです。ケースを使用して、授業を効果的に運営し、参加者に学びをもたらす教育方法は、高度なスキルをディスカッションリーダーに要求します。ケースメソッドの本家とも言うべきHBSは、その教育方法を多くの人が体得するための手法やノウハウを蓄積し、実践の場に役立てる活動を重ねて来ました。その中心機関がC. ローランド・クリステンセン教育センターです。
連絡事項 
会場名アカデミーヒルズ49「オーディトリアム」
開催日程2008/03/04
2008/03/13
イベント名シンポジウム 「ケースメソッド授業とケース教材」
サブタイトルケースメソッド授業とケース教材
サマリー日本では、経営教育の場で活用されることが多いケースメソッド授業ですが、幅広い学問領域での活用を模索するため、3月4日と13日、慶應ビジネススクールと共催で、シンポジウムを実施しました。会場では、大学・民間企業を始めとする教育関係者を中心に、それぞれの体験を踏まえ、積極的な意見交換が行われました。
連絡事項 
会場名慶應義塾大学 三田キャンパス 南館(法科大学院)
開催日程2007/08/23
2007/08/24
イベント名ケース開発ワークショップ
サブタイトル 
サマリー日本ケースセンターでは、実践的な教育現場で活用が期待されている、討議用ケースの流通を促進するとともに、日本での人材育成に適したケースの開発を目指しています。教育目的にあったケースの開発には、事実を記述する以上の、さまざまなノウハウが必要です。そこで、ケースを使って授業を進めておられる教育担当者の皆様を中心に、討議用ケースの考え方、作成の仕方など実践を交えながら考えていただくワークショップを開催しました。
連絡事項 
会場名(財)貿易研修センター(港区虎ノ門)
開催日程2007/02/18
イベント名ケースメソッド・ワークショップ(福岡)
サブタイトル 
サマリー日本ケースセンターは、九州でケースメソッド教育の普及活動を進めているケース・メソッド研究会、中村学園大学大学院流通科学研究科、九州大学専門職大学院コンソーシアムとの共同事業として、ケースメソッド・ワークショップを下記の通り開催しました。
ワークショップには、大学院をはじめとする高等教育機関の教職員の皆様、民間企業の人材育成担当者様などを中心に、近隣諸県や関東地区からも多くの皆様にお集まりいただきました。
皆様のご参加ありがとうございました。
連絡事項 
会場名アクロス福岡
© 2006 一般財団法人 貿易研修センター(IIST)