ようこそ ゲスト さん
 

タイトル: ネスレのGLOBEプログラム (A): 初めの数カ月
 
コンテンツID: CCJB-IMD-70230-01
登録日: 2007/11/29
オリジナルのプロダクトID: IMD-3-1334-JP
オリジナルの刊行日: 2005   改訂日:2006/07
著者名: Killing, Peter
ケース提供機関: IMD - International Institute for Management Development
種類: 意思決定ケース/フィールド・リサーチ/実名を使った実在ケース
言語: 日本語
ページ数: 7ページ
分野: 経営・戦略/国際経営/組織行動・人的資源管理
業種: 食品・家庭用品
   
キーワード: 組織改革/SAP/プロジェクトマネジメント/情報システム統合/食品/グローバル企業/サプライ・チェーン管理/ブランド・マネージメント/マーケットリサーチ/商品開発/広報/ヨーロッパ/<The Case Centre Classic Case Collection>/<ecch Case Award >
   
文献サマリー: 3部からなるケースの第一部。ネッスルのクリス・ジョンソンが世界で最大級のSAPシステムの構築と導入を任せられた。スコープとしては、グローバルで、しかも、完成までの期間を5年間と限定されている。これにかかる費用は概算で、30億フランと予想されていた。 クリスはスイスへ住まいを移転し、新たな組織を作りあげて、ネッスル仕事のやり方を抜本的に変える仕事に取り掛かることになる。このケースは、クリスがこの仕事についた初期段階の様々な課題を扱っている。 *このケースはヨーロッパでのベスト・セラー・ケースです。
   

※このケースが購入できるのは学術・専門会員のみです。
ご注文の際は「ログイン」が必要です。



© 2006 一般財団法人 貿易研修センター(IIST)