ようこそ ゲスト さん

【現在の検索条件】
言語:ケース全体から検索
新着・人気:新着ケース
 ※ 業種が選択できるのは日本語ケースのみ。

検索結果

新着ケース
並べ替え
22件中 1 - 10 件目を表示
前へ | 
1 2 3 
 |

未来への飛行: ホンダジェット
新着ケース日本語
著者:Gary P. Pisano/Jesse Shulman
提供機関:Harvard Business Publishing
17ページ2018年01月作成・改訂
ホンダ・エアクラフト・カンパニー(HAC)の藤野道格CEOは、革命的な小型ビジネスジェット機の計画立ち上げから米国連邦航空局(FAA)認定までを率いていた。2年近く前の認定時以来、売り上げは着実に伸び、顧客の反応は上々、生産量は順調に拡大していた。それでも藤野は市場にはまだ手つかずの可能性がたくさんあると感じていた。また、新型ジェットがコンセプトから認定まで5〜10年のリードタイムを要することを考えれば、藤野は将来の開発計画をすぐにでも考え始める必要があった。一方で、認定、フル商業生産、それに販売とサービスに伴い、同社は急速に拡大していた。より大規模でさらに複雑な組織へと成熟する中で、どうすればその起業家精神を保てるだろうかと藤野は考えていた。
森松工業の事業展開と中国進出 “大やけど”からの復活の物語
新着ケース日本語
いかにして中国に進出するグローバル企業の信頼を勝ち得たか?
著者:水野由香里
提供機関:国士舘大学 経営研究所
13ページ2018年05月作成・改訂
森松工業は、岐阜県本巣市に本社を置く資本金1億円、日本国内従業員660名(いずれも2017年3月末現在)の中堅企業である。同社の原点は、創業者である松久辰夫氏が戦後、金属を加工する工場を設立したことに遡る。金属加工を受注するプロセスで鉄製タンクや圧力容器の技術を取得してきた。その後、息子である松久信夫氏が同社を引き継ぎ、ステンレス素材に着目してパネルタンクを開発したことで国内70%のシェアを握るまでになった(Part1)。そして新たな事業展開のきっかけが「偶然」に訪れることとなる。それはステンレス製のパネルタンクや圧力容器技術を航空・宇宙事業に転用することであった(Part2)。さらに、同社はパネルタンクや圧力容器から得た利益の投資先として中国に目を向けた。中国進出当初はさまざまな困難に直面して“大やけど”を経験するものの、中国事業が森松工業の日本国内の売上を上回るほどの躍進を遂げるまでに発展した。多くの困難に直面して“大やけど”を経験しながらも、森松工業がなぜ中国での事業を軌道に乗せることができ、事業を拡大させることができたのか?その成功をもたらしたものは何か?本ケース教材では、その軌跡を明らかにしている(Part3)。
アントレプレナーシップの制度化: フラッグシップ・パイオニアリング
新着ケース日本語
著者:Hong Luo/Gary P. Pisano/Huafeng Yu
提供機関:Harvard Business Publishing
13ページ2018年04月作成・改訂
フラッグシップ・パイオニアリングは2000年の創業以来、治療学、ヘルステクノロジー、持続可能性の機会を追求し、96以上の新規ベンチャーを立ち上げてきた。従来のベンチャー・キャピタル(VC)企業とは異なり、フラッグシップは社内で開発したサイエンスと知的財産を基に独自のベンチャー事業を立ち上げ、資金を投入していた。会社はベンチャー設立をどうすれば制度化できるかを既に学んできたが、今後は同じ規律と体系的アプローチをベンチャーの成長と規模拡大に応用していく必要があると感じていた。
野坂公認会計士・税理士事務所
新着ケース日本語
(NOZAKA Japan CPA Firm)
著者:野坂和夫
提供機関:-
3ページ2018年05月作成・改訂
公認会計士・税理士である野坂代表は、青森県三沢市の税理士事務所で、従業員5名(うち非常勤1名)が黙々と業務をこなしている姿を見ながら、税理士として独立開業してからの7年間を振り返っていた。独立初年度の売上は数百万程度であったが、今では数千万円の規模になった。7年間で売上が約8倍になっていた。独立当初では想像し得なかった、売上1億円が目の前に迫っている状況であった 。約200社の法人の税務顧問先の業種は多岐多様に渡る。法人形態も普通法人(株式会社や合同会社など)だけではなく、特殊法人(一般・公益・社団・財団法人や特定非営利活動法人〈NPO法人〉など)もある。外国法人の日本子会社や支店もあり、また、代表者が外国人の法人もある。多様な税務顧問先を有するからこそ、野坂公認会計士・税理士事務所は、多様な経営相談に応じなければならない。経営リスクと経営責任は、最終的に経営者が負うべきものであるため、現状事実を的確に説明して最終的な経営意思決定に役立つ選択肢を経営者に提示することが、税理士事務所の役割である。
サーカスの盛衰
新着ケース日本語
著者:Ramon Casadesus-Masanell/Karen Elterman
提供機関:Harvard Business Publishing
12ページ2018年01月作成・改訂
このケースは、伝統的なサーカスの起源について説明している。サーカスは1800年代のアメリカで人気が高まったものの、20世紀から21世紀にかけて衰退に向かい始めた。2017年には、米国で最も人気があったリングリング・ブラザーズ・アンド・バーナム・アンド・ベイリー・サーカスが事業の幕を下ろす計画を発表した。サーカスの方針が郷愁に浸りすぎていたことが原因で、破滅に至ってしまったのだろうか。スマートフォン・アプリやテレビ番組のストリーミングの時代にあって、生でサーカスを見ることにまだ魅力を見出すことができるのか。サーカスは息を吹き返すことができるのか、それとも過去の遺物になる運命にあるのだろうか。
求められるポイントモールの進化
新着ケース日本語
-Amazonへの顧客流出を阻止せよ-
著者:井徳理学
提供機関:-
13ページ2018年01月作成・改訂
Amazonが様々なサービスを展開し、成長を遂げているEC市場において、ポイントモールビジネスが今後成長をしていくにはどのようにしたら良いのか、を考えるケースです。(1)EC市場の概要とAmazon.co.jpの沿革、(2)EC市場動向、(3)ポイントモールのビジネスモデル、(4)架空企業(株式会社P-mall)の強みと当事者の課題認識、(5)ポイントモールの課題、(6)問題定義、上記の流れで構成しております。
America's Budget Impasse, 2001-2019
新着ケース英語
著者:Vietor, Richard H.K.
提供機関:Harvard Business Publishing
25ページ2018年04月作成・改訂
America's Budget Impasse, 2001-2019 draws on recent government documents to explore America's economic performance since 2001, the ideology and effects of the Bush tax cuts, Obama's fiscal stimulus in 2009, the Trump tax cuts in 2017, the bipartisan budget deal in 2018, and President Trump's budget proposal for FY2019.
Ashar Group: Brokers and Co-opetition in the Life Settlement Industry
新着ケース英語
著者:Braun, Alexander/Cohen, Lauren H./Malloy, Christopher/Xu, Jiahua
提供機関:Harvard Business Publishing
15ページ2018年05月作成・改訂
Connecting life insurance policyholders with potential investors (called Life Settlement Providers), Ashar Group plays a pivotal role in the industry. Its current position is however increasingly being challenged by consumer-direct models, led by major providers seeking to shortcut brokers. Ashar faces a strategic dilemma in cooperating --- but also competing --- with these providers. Maintaining a mutually beneficial dynamic with policyholders, downstream intermediaries and other actors thus constitutes a balancing act. The context of this case is an underdeveloped market whose reputation has suffered from broker misconduct. In light of the market's legacy issues and competing business models, this case study explores strategies Ashar may pursue to secure and enhance its market position. Discussions emerging from this case study have the potential to illuminate directions for market transformation.
Celgene (B)
新着ケース英語
著者:Baker, Malcolm P./McComb, Emily R.
提供機関:Harvard Business Publishing
2ページ2018年05月作成・改訂
In February 2011, Adam Koppel, a Managing Director at Brookside Capital, the public equity arm of Bain Capital, must decide whether to increase or exit the firm's position in Celgene Corporation. News has emerged that raises potential safety concerns associated with Celgene's key drug, Revlimid. In response, Celgene's share price has traded down 20% in the last two months, and is now almost 10% below the level where Brookside made their initial investment.
Designing a Compliance Program at AB InBev
新着ケース英語
著者:Soltes, Eugene
提供機関:Harvard Business Publishing
16ページ2018年04月作成・改訂
Compliance programs help companies align the interests and behavior of employees with external expectations and regulation. The case discusses how ABInBev, a major brewer, developed its compliance program.

22件中 1 - 10 件目を表示
前へ | 
1 2 3 
 | 次へ

© 2006 一般財団法人 貿易研修センター(IIST)