ようこそ ゲスト さん

【現在の検索条件】
言語:ケース全体から検索
新着・人気:人気ランキング
 ※ 業種が選択できるのは日本語ケースのみ。

検索結果

人気ランキング

1GEとインダストリアル・インターネット
人気ケース日本語
著者:Karim R. Lakhani/Marco Iansiti/Kerry Herman
提供機関:Harvard Business Publishing
44ページ2015年03月作成・改訂
CEOのジェフ・イメルトは、GEが自社の新しいインダストリアル・インターネットに対する取り組みに対して十分なスピードで対処しているかどうかを懸念していた。事業内容はインダストリアル・インターネットの構築、機器や装置の接続、データ収集と運用、そしてこのデータと情報の分析を基にしたクライアントへのサービス提供であった。このケースでは、GEの六つの事業ユニット全てにまたがるような事業構想の意味合いやこの戦略をいかに上手く、素早く実行するかについて考察する。同社は10億ドルを投じて、この新しい製品とサービスを展開するために、カリフォルニアに新しいソフトウェア・センターを、そして本社に商業ベースの販売機能を増強することを約束していた。
2ホールフーズマーケット
人気ケース日本語
著者:John R. Wells/Travis Haglock
提供機関:Harvard Business Publishing
34ページ2008年04月作成・改訂
半袖で、サンダル履きの、大学を中退した人間が愛、喜び、そして幸せを体現するような会社を築くことをできるのだろうか。「チェーンソー」・ジョン・マッケイはそれを成し遂げたのだった。このCEOはアパラチア山道をハイキングするために5カ月の休暇を取得した。さらなる実績としては、1 平方フィート当たり 690ドル の売上げをあげ、それはさらに上昇している。チームによる雇用を行い、採用には大多数である3分の2の投票が必要であった。1980年には、テキサスのオースティンに1店舗しかなかった店が、2004年には144店舗になっていた。『フォーチュン』誌では、アメリカで最も働きがいのある企業ランキングに、7年連続選ばれた。最終的な収益に基づくインセンティブ。モラールの調査。給与の最高額は平均給与の8倍を超えてはならないというルール。成熟業界において傑出した業績を生み出すための経営管理イノベーションとは何かを検討するケースである。
3GEの過去20年の体質転換: ジャック・ウェルチのリーダーシップ
人気ケース日本語
著者:Christopher A. Bartlett/Meg Wozny
提供機関:Harvard Business Publishing
26ページ2005年05月作成・改訂
GEはジャック・ウェルチの退職時期が迫ってきている状況で、これまでのような変革と成長のペースを保つことが出来る後継者が見つかるかどうかという課題に直面していた。ケースは、GEの伝統に触れ、1980年代にウェルチの行った様々なビジネス領域の変革を記した後で、80年代後半から90年代にかけて、ウェルチの実施した活性化の取り組みを記述する。特にウェルチの行った6つの大変革プログラムについて語る。ソフトウェア事業、グローバル化、リーダーシップの定義の見直し、高い目標設定、サービスビジネス開拓、6シグマの品質がそれである。
42006年のエドワード・ジョーンズ: 成功に向き合う
人気ケース日本語
著者:David J. Collis/Troy Smith
提供機関:Harvard Business Publishing
28ページ2009年01月作成・改訂
ジム・ウェドルが2006年1月にマネージング・パートナーに就任した当時、エドワード・ジョーンズは重大な岐路に立っていた。同社はその独特の戦略によって、そのルーツであるアメリカの小さな田舎町から米国第4位の証券会社へと成長を遂げていた。しかしウェドルは、自社の成功体験や金融サービス業界をとりまく状況の変化が、同社をここまで成長に導いた戦略の中核となる要素を覆そうとしているという懸念を抱いていた。近々下す判断いかんで、エドワード・ジョーンズがその並外れた業績を維持し、2017年までにファイナンシャル・アドバイザーを2万人に増やすという目標を達成できるかどうかが決まると、ウェドルは認識していた。
5インド・マドゥライのアラヴィンド眼科病院: 視力への貢献
人気ケース日本語
著者:V. Kasturi Rangan
提供機関:Harvard Business Publishing
21ページ2009年05月作成・改訂
わずか20床の病院としてスタートしたアラヴィント眼科病院は、1992年には1400床の総合病院へと成長した。それまでに、アラヴィンド病院グループは365万人の患者を検査し、約33万5000件の白内障手術を行っていた。その70%近くは、インドの失明者人口の中でも最貧層に無料で提供されていた。現在74歳になるアラヴィントの創始者、ヴェンカタスワミ医師は、インド、アジア、アフリカの隅々までアラヴィンド・モデルを広めることを目標としていた。このケースではそのような実行計画の展開の一段階を提供している。
6ザイアメター: 「破壊的イノベーション」の過去と未来
人気ケース日本語
著者:Kamran Kashani/Inna Francis
提供機関:IMD - International Institute for Management Development
20ページ2006年11月作成・改訂
本ケースは、さまざまな用途に使用されるコモディティ・シリコーンの販売のためにダウコーニングで立案した成功戦略を取り上げている。本ケースではB2B(企業間電子商取引)マーケティングにおける重要な問題を扱っている。すなわち、ユーザーのニーズに焦点を合わせ、取引先企業の「ニーズに基づく」セグメンテーションを行うこと、テクニカルサービスのセット販売とサービスの切り離し、コモディティケミカルのブランド設定、ウェブベースの低価格/余分なサービスなしの価値ある提案、コモディティで収益を上げること、などである。またこのケースでは、ダウコーニングの歴史と戦略における「転換点」、すなわちシリコーン・ビジネスにおけるリーダーシップが危機にさらされ、マネジメントがコモディティ化した市場で競争するための全く新しい方法――彼らの言う「破壊的イノベーション」――を計画しなければならなくなった状況について説明している。ケースの最後で、学生はザイアメター(同社のウェブ・ベースのブランド)の成功を考察し、その将来を決めるよう求められる。その選択肢は:現状を維持する;戦略を徐々に微調整する;抜本的見直しを行う、である。「ザイアメター」のケースは次のような目的に使用できる。(1)顧客の洞察をビジネス戦略とマーケティング戦略の見直しに結びつける方法を例示する;(2)生産財マーケティングにおける市場細分化、価値ある提案及びブランド設定の問題に取り組む;(3)異なるブランドの下で二つの対照的な価値ある提案を取引先企業にどのように提供できるかを例示する;(4)B2Bマーケットにおけるバリュー・イノベーションについて議論する;(5)成功するインターネット・ビジネスモデルの要素を検討し分析する;(6)逆境が企業にとってチャレンジとなり、企業が将来の成功のためにビジネス戦略とマーケティング戦略の見直しを行うようになる事態を学ぶ。
7シャープ株式会社: 技術戦略
人気ケース日本語
著者:David J. Collis/Tsutomu Noda
提供機関:Harvard Business Publishing
26ページ1995年04月作成・改訂
日本企業であるシャープの企業戦略の進化の様子について学ぶ。シャープは、テレビや家電のメーカーとしては2番手であったが、特殊用途のICやLCDなどの電子デバイスの専門技術を蓄積して、徐々にかつ着実に業績を伸ばし、それらの技術を活用して、革新的な最終製品を開発した。その結果、同社は光電子工学の世界的リーダーと目され、一流の総合エレクトロニクス企業になろうとしていた。
8ニューウェル・カンパニー: 企業買収戦略
人気ケース日本語
著者:Cynthia A. Montgomery/Elizabeth J. Gordon
提供機関:Harvard Business Publishing
24ページ2005年01月作成・改訂
1998年、ローテクで大量消費される製品のメーカーであるニューウェル・カンパニーは、ハイエンドの調理器具メーカーのカルファロンと消費者向けおよび商業用プラスチック製品メーカーで売上高20億ドルのラバーメイドを買収した。このケースでは、企業を成長させるために適切な買収相手を選ぶことの重要性だけでなく、ニューウェルの戦略とそれを実践するための組織内での徹底した施策に焦点をあてる。カルファロンとラバーメイドは、大口顧客への優れたサービス提供と買収を通じて成長するという同社の長期戦略に合致するのだろうか。(初期のケースの改訂バージョンである。)
9ヒューレット・パッカード: キティホーク (A)
人気ケース日本語
著者:Clayton M. Christensen
提供機関:Harvard Business Publishing
19ページ2006年10月作成・改訂
ヒューレット・パッカードは、それまでより以上に急速な企業の成長を目指すには、マグネットを応用した記録技術に画期的なデザインで全く新しいマーケットを開発しなければならないと革新していた。そのような状況下で、有能な経営者が普通考えるあらゆること、つまり、重量級のプロジェクトチームを編成し、トップの惜しみないサポートを与えるなど、を試みたが、すべて、失敗に終わっていた。
10ヒューレット・パッカード: キティホーク (B)
人気ケース日本語
著者:Clayton M. Christensen
提供機関:Harvard Business Publishing
2ページ2006年11月作成・改訂
ヒューレット・パッカード: キティホーク(A)の後で使用すること。
11雪印乳業(A): 再生の可能性を見極める
人気ケース日本語
著者:Jenny Mead/Regina Wolfe/Akira Saito/Daryl Koehn
提供機関:Darden Business Publishing
11ページ2010年09月作成・改訂
このケース・シリーズでは、日本を舞台に重大な危機に直面した企業の責任について考察し、ブランドの再建のあり方を模索する。そしてひとりの消費者運動家が、地に落ちたこの会社の評判を取り戻す手助けをするかどうかの意思決定プロセスを描く。 2002年春、日本を代表する消費者運動家の日和佐信子は雪印乳業の取締役会に加わるよう要請された。由緒ある同社を倒産寸前にまで追い込んだ近年の二つのスキャンダル――牛乳食中毒事件と牛肉偽装事件――を受け、CEOは彼女に雪印再建を助けてほしいと考えた。日和佐はこの非常に困難な仕事を引き受けるべきか否か決めなくてはならなかった。同社は再建と再生を真摯にやろうとしているのだろうか。彼女は他の取締役会メンバーと同等に受け入れられるのか。彼女の意見や提案は真剣に考慮してもらえるだろうか。これは宣伝が目的ではないのだろうか。同僚の消費者運動家は、もし彼女がこのポジションを引き受けたらどのように思うだろうか。このケースは雪印乳業の歴史と失敗、そして1990年代初めに発生し、それに続く10年間同社を苦しめたスキャンダルについて詳細に描いている。
12TESSEI(テッセイ)の苦境
人気ケース日本語
著者:Ethan S. Bernstein/Ryan W. Buell
提供機関:Harvard Business Publishing
16ページ2015年10月作成・改訂
2005年、矢部輝夫は新幹線の清掃を行うJR東日本の子会社で、669人の従業員を持つテッセイの再建を要請された。テッセイに対する需要は伸び続けているにもかかわらず、作業ミス、顧客からの苦情、安全性の問題と従業員の離職率は、過去最高に近い高さだった。前任者が管理職による監視と管理を強化することでテッセイの問題を修正しようとした試みに失敗したのを受けて、矢部は組織が直面していたモチベーション、資質、協調性に対する課題を克服するのに創造的なアプローチを試みた。現代の多くのリーダーと同様に、彼は透明性をツールとして選択した。しかしながら、透明性の実施にあたって、非常に微妙なアプローチを採用した点が、彼のユニークなところであった。その過程で、彼は素晴らしい組織再建を先導しただけでなく、それまで「汚い」仕事とみられていたものを、テッセイの第一線で働く従業員たちにとってより意義のあるものへと変貌させる手助けをしたのである。ゆえにこのケースでは、とりわけリーダーシップ、組織行動、業務管理、サービス業務のコースを教えることができる。そして、受講生によく練られた透明性戦略が、どのように力強いリーダーシップ・ツールの役割を果たすのかを考えさせる機会を与える。
13組織変革の危険性と落とし穴: 若きマネジャーの経営再建の旅
人気ケース日本語
著者:Karen Cates/Guilherme Riederer/Nathan Tacha/Rodrigue Ulrich Nselel Awanda
提供機関:The Case Centre
8ページ2014年02月作成・改訂
ブラジルにあるファッション・チェーンのクローズ・アンド・アクセサリーズの若きマネジャーであるダニエル・オリベイラは、同社の超難関管理者研修プログラムを成功裡に終了した後、売り上げにおいて遅れをとる地域に配属され、困難な状況に投げ込まれることとなった。オリベイラは、ブラジル南東部に位置する中規模都市・ヴィトーリアにある彼の店舗が、問題を抱えていることを当初から理解していた。しかし彼が変革に取りかかろうとすると、すぐにベテラン従業員からの抵抗にあった。このケースは、彼が陥った落とし穴と、多様な従業員を率いて、変革をやり遂げることの複雑さを認識していく過程を詳述している。
14エヴェレスト−1996年の出来事
人気ケース日本語
著者:Michael A. Roberto/Gina M. Carioggia
提供機関:Harvard Business Publishing
23ページ2003年01月作成・改訂
1996年5月にエヴェレスト山で起きた悲劇について描いたケースである。5月10日の1日だけで、世界で最も経験豊富な最高峰登山家に挙げられる、ロブ・ホールとスコット・フィッシャーのふたりを含め、23人が山頂に到達した。だが残念なことに、ホールとフィッシャー、そして他3名が、下山中に嵐に巻き込まれて死亡することになった。それ以外の人々は、氷点下の気温を耐えて暗がりの中を何時間もさまよった末に九死に一生を得た。登山チームが、事前段階や登山過程で行った意思決定とその過ちについて検証する。
15コーチK: ハートの問題
人気ケース日本語
著者:Scott A. Snook/Leslie A. Perlow/Brian J. Delacey
提供機関:Harvard Business Publishing
13ページ2005年12月作成・改訂
大学バスケットボールの監督として成功を収めてきたマイク・シャシェフスキーは、プロ・バスケットボール・チームの監督という実入りのよいオファーを受けるか、デューク大学での監督職を続けるかの決断に直面していた。彼の監督としてのキャリアを通して、権力、影響力、そして説得力の様々なスタイルについて議論する場を提供する。
16コーチ・ナイト: 勝利への熱意
人気ケース日本語
著者:Scott A. Snook/Leslie A. Perlow/Brian J. Delacey
提供機関:Harvard Business Publishing
15ページ2005年12月作成・改訂
大学バスケットボールの監督として成功を収めたボブ・ナイトであったが、インディアナ大学で長年務めてきたバスケットボール監督の職を解任された。その後、テキサス工科大学から同様の職で雇われることになる。彼の長いキャリアを通して起こった出来事を考えることで、監督そして教育者としてのリーダーシップの役割はどういったものなのか、権力、影響力、説得力の様々なスタイルについて議論する場を提供する。
17オプチカル・ディストーション (A)
人気ケース日本語
著者:Darrel G. Clarke/Randall E. Wise
提供機関:Harvard Business Publishing
11ページ2009年04月作成・改訂
鶏用のコンタクトレンズという新製品が、その販売のために設立された小さな企業により導入されようとしている。価格、販売部隊、規模、販売地域などについて、初期戦略を計画しなければならない。本ケースは養鶏農家への経済効果算出のためのデータを提示している。また、製品の発売プログラムを計画するための州別の鶏の数を示すデータも含まれている。
18ある旅館経営者の成長の軌跡
人気ケース日本語
著者:水野由香里
提供機関:-
12ページ2017年08月作成・改訂
本ケース教材は、一人の旅館経営者である佐藤利治が経営者として成長していく過程を四つのPartを通して描いたものである。日々の旅館業務に翻弄され、経営者としての役割すら認識していなかった佐藤が(Part1)、社長としての役割を認識し、業務改革に着手するものの、従業員の抵抗にあい、なかなかうまく機能しない状況に直面した(Part2)。しかし、佐藤は、悩みながらも、働きやすい職場を実現するために、また、旅館の利益率を高めて従業員に還元するために、さまざまな取り組みに挑戦する(Part3)。佐藤が、少しずつ実績を出し、社長としての自信がついてくると、今度は新たな課題を認識するようになる(Part4)。そのひとつが経営幹部の育成である。そして、佐藤は、どのようにして企業経営者としての成長を遂げたのか。本ケース教材は、しばしば企業経営者が成長の過程で直面するであろう課題をふんだんに取り入れたものである。
19マイクロフリッジ: コンセプト
人気ケース日本語
著者:John Deighton
提供機関:Harvard Business Publishing
2ページ2002年08月作成・改訂
工学修士の学位を持つロバート・ベネットは、冷蔵庫・冷凍庫と500ワットの電子レンジをひとつにした、重さ約40キロ・高さ122センチ以下のコンパクトな電化製品を開発し、大学生に販売したいと考えた。ベネットは、どのマーケットを対象とするか、彼が闘わなくてはならない競争相手は誰か、どこと協力するべきか、築き上げるべき中核能力とは何かを判断しなくてはならなかった。
20日産自動車、2002年
人気ケース日本語
著者:Michael Yoshino/Makiko Egawa
提供機関:Harvard Business Publishing
25ページ2006年02月作成・改訂
ルノーの取締副社長であったカルロス・ゴーンは、危機に瀕していた日産自動車の株式をルノーが1999年に38%取得した際に、同社のCOOに就任することになった。これは、ゴーンが日産をどのように再生したのかを描いたケースである。10年に渡り様々な失敗を繰り返した結果、士気が低下していた社員たちを、どのように活性化させ、企業再生に参加させていったのかを詳細に記述している。組織変革を成功させたものの、日産はグローバルな市場での新たなチャレンジに直面していた。


© 2006 一般財団法人 貿易研修センター(IIST)