ようこそ ゲスト さん

【現在の検索条件】
言語:ケース全体から検索
新着・人気:人気ランキング
 ※ 業種が選択できるのは日本語ケースのみ。

検索結果

人気ランキング

1AKB48のグローバル展開(A)
人気ケース日本語
著者:Juan Alcacer/Kotaro Sasamoto/Tee Chayakul/Mayuka Yamazaki
提供機関:Harvard Business Publishing
20ページ2017年06月作成・改訂
日本の女性歌手グループであるAKB48のプロデューサーは、日本で大成功を収めた後、自分の生み出したアーティストに、海外の市場でどのようなチャンスがあるかを評価することになった。このケースは、AKB48というコンセプトの背景にあるビジネスモデルを紹介し、中国、インドネシア、台湾、フィリピン、タイ、韓国といった市場のうち、地理的にどこがAKB48初の海外展開により適しているかを受講生に考えさせることができる。また議論の中で、受講生は商品の地理的な限界を見つけ、選択した市場において、もし何か変更を加えるとしたら、どこをどう適応させる必要があるのかを見極めることになる。音楽産業における著作権侵害のレベルが高いことを考慮し、受講生はAKB48の価値創造の側面だけではなく、このビジネスモデルの価値獲得の特性を検討することもできる。
2GEとインダストリアル・インターネット
人気ケース日本語
著者:Karim R. Lakhani/Marco Iansiti/Kerry Herman
提供機関:Harvard Business Publishing
44ページ2015年03月作成・改訂
CEOのジェフ・イメルトは、ゼネラル・エレクトリック(GE)が自社の新しいインダストリアル・インターネットに対する取り組みに対して十分なスピードで対処しているかどうかを懸念していた。事業内容はインダストリアル・インターネットの構築、機器や装置の接続、データ収集と運用、そしてこのデータと情報の分析を基にしたクライアントへのサービス提供であった。このケースでは、GEの六つの事業ユニット全てにまたがるような事業構想の意味合いやこの戦略をいかに上手く、素早く実行するかについて考察する。同社は10億ドルを投じて、この新しい製品とサービスを展開するために、カリフォルニアに新しいソフトウェア・センターを、そして本社に商業ベースの販売機能を増強することを約束していた。
3デル・オンライン
人気ケース日本語
著者:V. Kasturi Rangan/Marie Bell
提供機関:Harvard Business Publishing
27ページ1999年03月作成・改訂
デルはPCのオンライン販売を1996年に開始し、1997年には一日当たり300万ドルの売り上げを達成した。このケースは、劇的結果へと導いた内部プロセスを分析する。また、2000年までに売り上げ予想額200億ドルの50%をインターネットチャネルを通じて達成するというマイケル・デルの目標を実現するために、企業がいかにこの活動をしたのかに注目する。
4イノベーションとリノベーション ネスプレッソ物語
人気ケース日本語
著者:Joyce Miller/Kamran Kashani
提供機関:IMD - International Institute for Management Development
26ページ2003年12月作成・改訂
このケースは、ネスレが自社の組織構造の外に設立した100%子会社によるネスプレッソシステムの開発の様子を描いている。この開発チームが、どのような課題を乗り越えて、成熟したコーヒー市場の中に新しいニッチ・セグメントを創りあたか、その成功と課題への挑戦を振り返り、これからの10年で、事業を1億5000万スイスフランから10億スイスフランに拡大する見通しに焦点を当てている。事業の大部分が大衆市場向けというネスレの従来の路線から大きく方向転換したネスプレッソの物語は、組織化された大企業におけるイノベーションについて、刺激的な教訓を与えてくれる。
5スターバックス: 顧客サービスの提供
人気ケース日本語
著者:Youngme Moon/John A. Quelch
提供機関:Harvard Business Publishing
20ページ2006年07月作成・改訂
北米有数のスペシャリティ・コーヒーブランドであるスターバックスは、サービス面で顧客の期待を満たしていないという、最近の市場調査の結果に対応しなければならなかった。顧客満足の向上のために、同社は店舗の従業員を増やすことについて議論している。そうすれば、理論上、サービスのスピードが上がることになる。しかし、年間4000万ドルのコスト増となるこの計画が、同社の収益にどのような影響を及ぼすかは未知数であった。
6ネスレのGLOBEプログラム (A): 初めの数カ月
人気ケース日本語
著者:Killing, Peter
提供機関:IMD - International Institute for Management Development
7ページ2006年07月作成・改訂
3部からなるケースの第一部。ネスレのクリス・ジョンソンが世界で最大級のSAPシステムの構築と導入を任せられた。スコープとしては、グローバルで、しかも、完成までの期間を5年間と限定されている。これにかかる費用は概算で、30億フランと予想されていた。 クリスはスイスへ住まいを移転し、新たな組織を作りあげて、ネスレの仕事のやり方を抜本的に変える仕事に取り掛かることになる。このケースは、クリスがこの仕事についた初期段階の様々な課題を扱っている。
7ネスレのGLOBEプログラム (B): 7月の執行役員会
人気ケース日本語
著者:Killing, Peter
提供機関:IMD - International Institute for Management Development
2ページ2006年06月作成・改訂
ネスレのグローブ・プログラム推進の次の段階を記述したケース。ケース(A)の議論の後でクラスでの配布を想定している。2000年7月に開催されたネスレの役員会でのグローブ・プログラムについての議論を記し、クリスが直面する新たな課題を記述している。
8ネスレのGLOBEプログラム (C): 「GLOBEデー」
人気ケース日本語
著者:Killing, Peter
提供機関:IMD - International Institute for Management Development
4ページ2005年03月作成・改訂
ネスレのグローブ・プログラムに関する3部シリーズの最終ケース。ケース(B)の出来事から約一年半が過ぎた段階である。ネスレの各マーケットの地域担当責任者会合で、一日、グローブの進捗状況を説明することになったときの出来事だった。午前中のセッションで、クリス・ジョンソンは参加者の批判を浴び、苦しい立場におかれていた。ケースは、その午後のセッションをクリスがどのように対処するべきかを考える。
9マイクロフリッジ: コンセプト
人気ケース日本語
著者:John Deighton
提供機関:Harvard Business Publishing
2ページ2002年08月作成・改訂
工学修士の学位を持つロバート・ベネットは、冷蔵庫・冷凍庫と500ワットの電子レンジをひとつにした、重さ約40キロ・高さ122センチ以下のコンパクトな電化製品を開発し、大学生に販売したいと考えた。ベネットは、どのマーケットを対象とするか、彼が闘わなくてはならない競争相手は誰か、どこと協力するべきか、築き上げるべき中核能力とは何かを判断しなくてはならなかった。
10デルタ航空(B): ソングの立ち上げ
人気ケース日本語
著者:Jan W. Rivkin/Laurent Therivel
提供機関:Harvard Business Publishing
8ページ2005年01月作成・改訂
デルタ航空(A)ケースのサプリメント。
11デルタ航空(A): 格安航空会社の脅威
人気ケース日本語
著者:Jan W. Rivkin/Laurent Therivel
提供機関:Harvard Business Publishing
16ページ2005年01月作成・改訂
デルタ航空の経営幹部はサウスウエストやジェットブルーなど格安航空会社(LCC)の脅威にどう対処するかを決定しなければならなかった。考えられる選択肢はデルタ航空自身が格安航空子会社を立ち上げるというものだった。これまでデルタや他の老舗航空会社が設立しようとした格安航空子会社は失敗してきた。デルタはよりよい対応策を考えだすことができるだろうか。
12富士フイルム: 第二の創業
人気ケース日本語
著者:Giovanni Gavetti/Yaichi Aoshima/Mary Tripsas
提供機関:Harvard Business Publishing
33ページ2007年04月作成・改訂
富士フイルムはデジタルイメージングがそのコアビジネスに置き換えるようになった当時、世界で第二位の写真フィルムメーカーだった。ポラロイドのような写真専門の企業とは対照的に、富士フイルムはデジタルイメージングへの移行を成功させていた。2000年には世界的なデジタルカメラマーケットで20%以上のシェアを占めており、同時に、世界的なフィルムのマーケットでは1990年にはわずか18%であったシェアが約35%までになっていた。この業績にもかかわらず、2006年までに同社は、新たな成長の機会を見つける必要性を感じ、特殊化学品の専門知識を活用する他の市場を積極的に探していた。しかし、そのプロセスで、同社は自己の存在感を失いかけていた。「もし我が社がイメージング企業ではないとしたら、何なのであろうか?」というのが最高経営責任者(CEO)によってもたらされた重要な疑問であった。このケースでは富士フイルムがどのようにしてアナログからデジタルイメージングへの移行に成功したのか、また、CEOは今”第二の創業”をどのように考えていくべきなのかのふたつを検討していく。
13インドにおけるマギーヌードル安全性の危機(A)
人気ケース日本語
著者:Karthik Ramanna/Radhika Kak
提供機関:Harvard Business Publishing
23ページ2016年06月作成・改訂
デリーの地方政府は、政府検査機関による調査で基準値を超える鉛が検出されたため、インドにおけるネスレの主力製品であったマギーヌードルの販売禁止を命じた。ネスレは政府の結果を受け入れず、社内検査と第三者機関による検査で製品は安全であるという結果を示して、これに対して争った。メディアとネスレの顧客の間には懸念と困惑が広がり、マギーの売り上げは急落した。他の州政府とインド食品安全基準局も販売禁止を検討した。ネスレはどのように行動すべきか決めなくてはならなかった。選択肢としては、規制当局を相手取る訴訟やネスレ売り上げの25%を超える影響がでると見込まれる製品回収などがあった。
14インドにおけるマギーヌードル安全性の危機(B)
人気ケース日本語
著者:Karthik Ramanna/Radhika Kak
提供機関:Harvard Business Publishing
3ページ2016年06月作成・改訂
デリーの地方政府は、政府検査機関による調査で基準値を超える鉛が検出されたため、インドにおけるネスレの主力製品であったマギーヌードルの販売禁止を命じた。ネスレは政府の結果を受け入れず、社内検査と第三者機関による検査で製品は安全であるという結果を示して、これに対して争った。メディアとネスレの顧客の間には懸念と困惑が広がり、マギーの売り上げは急落した。他の州政府とインド食品安全基準局も販売禁止を検討した。ネスレはどのように行動すべきか決めなくてはならなかった。選択肢としては、規制当局を相手取る訴訟やネスレ売り上げの25%を超える影響がでると見込まれる製品回収などがあった。
15インドにおけるマギーヌードル安全性の危機(C)
人気ケース日本語
著者:Karthik Ramanna/Radhika Kak
提供機関:Harvard Business Publishing
5ページ2016年02月作成・改訂
デリーの地方政府は、政府検査機関による調査で基準値を超える鉛が検出されたため、インドにおけるネスレの主力製品であったマギーヌードルの販売禁止を命じた。ネスレは政府の結果を受け入れず、社内検査と第三者機関による検査で製品は安全であるという結果を示して、これに対して争った。メディアとネスレの顧客の間には懸念と困惑が広がり、マギーの売り上げは急落した。他の州政府とインド食品安全基準局も販売禁止を検討した。ネスレはどのように行動すべきか決めなくてはならなかった。選択肢としては、規制当局を相手取る訴訟やネスレ売り上げの25%を超える影響がでると見込まれる製品回収などがあった。
16トヨタの戦略と欧州における計画:AYGOの発表
人気ケース日本語
著者:Kazuo Ichijo,/George Radler
提供機関:IMD - International Institute for Management Development
25ページ2006年08月作成・改訂
トヨタは世界有数の自動車会社の1つである。同社は、世界市場でのシェアを、2005年の11%から2010年までに15%に伸ばすという意欲的な目標を設定した。このため、欧州市場が戦略的に重要になっている。このケースは、欧州市場に特に重点を置く以前のトヨタの世界戦略を概説している。2000年から2005年にかけて、欧州での売上は50%以上増加した。その間に、トヨタの欧州における生産能力は60万台を超え、3倍以上となった。トヨタは上昇気流に乗ってはいたが、AYGO の発売には多くの課題があった。(AYGO がターゲットとする)市場セグメントは、非常に価格に敏感であったので、生産コストを低く抑える必要があった。トヨタは、プジョーやシトロエンのメーカーであるPSA との合弁に踏み切った。このケースは、コスト削減という至上命題に両社がどのように協力して取り組んだかを描いている。しかし、共通部品が93%という自動車を売るためには、マーケティングの面でも多くの課題を乗り越えなければならなかった。トヨタは、顧客の平均年齢を下げるために、若年層をターゲットにしようと考えた。トヨタにはこのセグメントでの経験がなかったため、新しいやり方を編み出す必要があった。このケースには、トヨタがAYGOの販促のためにとった様々な手段が描かれている。
17GEの成長戦略: イメルトの施策
人気ケース日本語
著者:Christopher A. Bartlett
提供機関:Harvard Business Publishing
22ページ2006年11月作成・改訂
ゼネラル・エレクトリック(GE)のCEOであるジェフ・イメルトが、厳しいビジネス環境において、売上高1500億ドルの企業であるGEの成長戦略を実施するにあたってとった行動を概説している。4年間で、彼は、GEの技術力の再生、サービスの拡大を行い、ビジネス上の重点分野を明確にし、途上国への進出に力を入れて、GEの事業が成長を維持するよう、「歯止め」をかけた。また、彼は、組織再編を行って、「成長リーダー」を上位の役職に昇進させ、企業文化を、リスクを恐れず改革を進めるものへと転換させた。2006年、ついに成長の兆しが見えはじめたが、これを今後も持続できるのかどうか、彼は懸念していた。
18Butler Lumber Co.
人気ケース英語
著者:Piper, Thomas R.
提供機関:Harvard Business Publishing
4ページ2002年01月作成・改訂
The Butler Lumber Co. is faced with a need for increased bank financing due to its rapid sales growth and low profitability. Students must determine the reasons for the rising bank borrowing, estimate the amount of borrowing needed, and assess the attractiveness of the loan to the bank. A rewritten version of an earlier case. Allows students to practice ratio analysis, financial forecasting, and evaluating financing alternatives.
19イー・アイ・デュポン・デ・ネモア: 二酸化チタン
人気ケース日本語
著者:W. Carl Kester/Robert R. Glauber/Stacy S. Dick
提供機関:Harvard Business Publishing
7ページ1986年02月作成・改訂
デュポンの顔料部門では、二酸化チタン市場に350万ドル程度の不足が見込まれることから、このマーケットの将来的な戦略としてふたつの選択肢を検討していた。成長戦略は、初期投下資金が大きいことから、当初は収入が少なく、後になって現金収入が入ってくる構造となり、資本回収レートは低い。ところが、この戦略は、21%の割引率で計算しない限り、現在価値に直すと、別な選択肢より価値が高いことになる。 ケースは、企業の戦略と目標をフリー・キャッシュ・フローに置き換え、二者択一の状況下で、そのふたつの予測が同じになる割引率を計算する必要がある。その後、どちらの選択肢を選ぶべきかを討議する。
20アサヒビール
人気ケース日本語
著者:Malcolm S. Salter/Jiro Kokuryo
提供機関:Harvard Business Publishing
23ページ1994年10月作成・改訂
ケースは、競争に勝つための商品の位置づけの変更、組織改革、リーダーシップに焦点を当てている。これまで安定的であった日本のビール市場で、画期的なマーケットシェアの拡大に成功したアサヒビールがどのようにその生産能力拡大に対応するべきかを検討する。商品の成功は、市場にドライビールという新しいカテゴリーを作り出すことで実現した。 業界の情報、アサヒの組織内でのプロセス、競合相手の対応などと同時に、アサヒの経営幹部のプロファイルや経営に対する考え方などが記述されている。ケースは、商品、競合の反応、広告、リベート制度、販売代理店との関係などマーケット戦略の課題を検討するときに、企業の目標、財務管理の正当性、品質管理、人材管理、企業理念、リーダーシップなどという組織全体としての課題を考慮に入れて判断することができる内容となっている。


© 2006 一般財団法人 貿易研修センター(IIST)