ケースメソッド教材《マーケティング編2》

ケースメソッド教育に欠かせないケース(教材)を、分野ごとに紹介していきます。今回は「マーケティング」に関するケースで、教育機関や社会人研修等でよく使われているケースをご紹介します。

電子たばこ:マーケティング vs 公衆衛生 - HBP

急激に普及した電子たばこだが、若者が安易にニコチン中毒に陥る可能性に対する懸念があった。たばこ製品を扱う法律に比べ、電子たばこを規制する法律ははるかに厳格さが欠けていた。電子たばこを巡るマーケティングと公衆衛生の状況を描く。

ウーバー:世界の移動手段を変革する - Darden

ウーバーは最大規模のポイント・ツー・ポイント輸送ネットワークを築き、それは文字通り世界の移動方法を変革するものである。車両は所有せず、ドライバーも雇用しないという非常に軽量なインフラを有していた。しかしウーバーは、早くから目覚ましい成功を遂げたにもかかわらず、激しい賛否両論を巻き起こす企業であった。同社のビジネス・モデルは、高度に破壊的だったのである。

ヤマハ マリンクラブ・シースタイル - CCJ

ヤマハマリンクラブ・シースタイルは、世界的な自動二輪車製造メーカであるヤマハ発動機株式会社が、2006年からスタートした会員制マリンクラブである。確実に会員と提携マリーナを増やしてきたものの、衰退傾向にある日本のプレジャーボート産業の復活には、さらなる戦略が必要だ。シースタイルは今後どのようなマーケティングを仕掛けていくのか。


マーケティング