京セラ株式会社:アメーバ経営システム

Cooper, Robin

  • ケース
HBP

京セラのプロフィットセンターに対する一風変わった考え方を紹介している。京セラの基本単位は「アメーバ」と呼ばれるプロフィットセンターであり、企画・意思決定・管理の全ての責任を持つ販売・製造部門である。アメーバには、「利益は製造過程で生まれる」という創業者の信念が反映されており、生産性の向上やコスト削減が期待されている。

出版日
1994/08
領域
会計・コントロール
ボリューム
11ページ
コンテンツID
CCJB-HBS-119J03
オリジナルID
119J03
ケースの種類
Case
言語
日本語
翻訳
English
カラー
製本の場合、モノクロ印刷での納品となります。