コーラ戦争は続く: 2010年のコカ・コーラ対ペプシ

David B. Yoffie Renee Kim

  • ケース
HBP

コカ・コーラとペプシの100年以上にわたる競争の産業構造と競争戦略について検証する。コーラ戦争の最も激しい戦いは、年間1人当たり平均46ガロンの炭酸飲料を消費する、740億ドル規模のアメリカの炭酸飲料産業を巡るものであった。1975年から1990年代半ばまで続いた「慎重に闘い抜かれた競争」の中で、アメリカおよびグローバルの炭酸飲料消費が着実に成長を遂げ、コカ・コーラもペプシも10%前後の年平均成長率を達成した。しかし、1990年代の後半から、アメリカの炭酸飲料の消費は減り始め、新たな非炭酸飲料が普及してきたことで、ブランドやボトリング、価格戦略を脅かし始めた。このケースでは、コカ・コーラやペプシにとって、持続的な成長と収益性を確保するためには、何を行われなければならないのかを考察する。(先のケースの書き換え版。)

出版日
2010/12
改訂日
2011/05
業種
食品・家庭用品
領域
経営・戦略
ボリューム
23ページ
コンテンツID
CCJB-HBS-12113-01
オリジナルID
9-713-J03
ケースの種類
意思決定ケース/出版物・公開情報/実名ケース/実在ケース
言語
日本語
翻訳
English