日本におけるがん検診: マーケットリサーチとセグメンテーション

John A. Quelch Margaret Rodriguez

  • ケース
HBP

2008年にキャンサースキャンを設立して以来、福吉潤と石川善樹は日本におけるがん検診の受診率向上に貢献してきた。2005年から2007年の間、日本における乳がんの認知度は55%から70%に上昇したものの、乳がん検診の受診率には変化がみられなかった。潤と善樹は、2011年に1万2000人以上の死亡原因となった乳がんの検診受診率を上げるために、マーケティングリサーチの手法を適用した。がん検診への取り組みは、2013年における同社の売り上げ250万ドルのうち、60%の割合を占めていた。

出版日
2014/01
改訂日
2015/02
業種
医療・医薬品
公益・インフラ
領域
マーケティング
ボリューム
19ページ
コンテンツID
CCJB-HBS-16005-01
オリジナルID
9-516-J02
言語
日本語
翻訳
English