トーマス・グリーン: 権力、社内政治、危機に陥るキャリア

W. Earl Sasser Jr. Heather Beckham

  • ケース
HBP

このケースは、あるマーケティング・マネジャーのジレンマを記述している。トーマス・グリーンは、急速な昇進を遂げた後で、上司のフランク・デイビスから厳しい批判を受けることになった。グリーンとデイビスは、ワークスタイルと市場予測の面で意見を異にしていたのである。グリーンは、デイビスが設定した販売目標は、「勘定操作」をもとにしており、現在の市場環境を極めて課題評価したものだと考えた。ふたりの間には、無言の対立ムードがあっという間に表面化し、グリーンは、デイビスが彼を解雇するための証拠を集めているのではないかと懸念していた。グリーンは自身のワークスタイルを適応させることに失敗し、新しい職位の求めるものとその限界を完全に理解していなかったことで、解雇につながるのかもしれないという状況だった。この背景には、彼の上司の上司とグリーンとの関係が一因にあった。

出版日
2008/05
業種
電機・電子
領域
組織行動・人的資源管理
ボリューム
11ページ
コンテンツID
CCJB-HBS-16010-01
オリジナルID
9-217-J02
言語
日本語
翻訳
English