ハラーズ・エンターテイメント

Rajiv Lal Patricia Martone Carrolo

  • ケース
HBP

ハラーズ・エンターテイメントの会長兼最高経営責任者(CEO)、フィリップ・サートルが直面していた状況を描写している。サートルは、低ローラー(大金をかけない人)をターゲットとした同社のマーケティングの成功について書かれた2000年5月の『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙に目を通していた。1999年12月までの株価と利益は100%増、そして売上高はその業界で突出している50%増を達成していた。サートルはその興味深い記事により、当時の最高執行責任者(COO)であるゲイリー・ラブマンと彼の「プロペラヘッズ」チームのデータベース・マーケティングの取り組みやトータル・リワード・プログラムに関する活動についてもっと知りたいという欲求にかられた。サートルはふたつの質問に興味があった。こうしたマーケティングの取り組みがどれくらいハラーズの全体的な業績に貢献したのかと、マーケティングの効果は1回限りのものなのか、それとも何年にもわたって達成可能なものなのか、という点である。特に、競争相手が似たようなプログラムを打ち出してきたときにはどうだろうか。

出版日
2001/10
改訂日
2020/01
業種
サービス
領域
マーケティング
ボリューム
34ページ
コンテンツID
CCJB-HBS-18024-02
オリジナルID
9-518-J06
言語
日本語
翻訳
English