ロレアルとアメリカンビューティのグローバリゼーション

Jones, Geoffrey G. Kiron, David Dessain, Vincent Sjoman, Anders

  • ケース
HBP

ロレアルがメイベリン、レッドケン、キールズなど米国を代表する化粧品ブランドを買収し、その後のリニューアルとグローバル化を検討していた。現在では世界最大の化粧品会社となったロレアルの歴史を、1907年のフランスでの創業から振り返る。1953年に米国に進出し、1990年からは米国ブランドを買収して急速に拡大、リニューアルし、国際的に展開してきた。ロレアルが2000年に買収し、現在グローバルに拡大しているキールズ(1851年以来、風変わりなニューヨークの高級ブランド)に焦点を当てている。ロレアルがどのようにして米国とヨーロッパのブランドのポートフォリオを構築し、現在、世界的に販売されているかを紹介している。消費財企業がグローバル化する中で直面している企業戦略とマーケティングの課題、そして買収がどのようにしてグローバル化を促進するかを説く。

出版日
2005/04
改訂日
2006/02
領域
経営・戦略
ボリューム
30ページ
コンテンツID
CCJB-HBS-819J08
オリジナルID
819J08
ケースの種類
Case
言語
日本語
翻訳
English
カラー
製本の場合、モノクロ印刷での納品となります。