ルビコン・グローバル

Sahlman, William A. Ashmore, Hunter

  • ケース
HBP

この事例では、廃棄物管理業界の破壊を目指した新興企業、ルビコン・グローバル社について説明している。それは、クラウドベースのフルサービスの廃棄物管理会社を設立し、独立した廃棄物運搬業者やリサイクル業者の全国ネットワークを通じて、全国どこでも低コスト、高効率、環境に優しいサービスを提供するという大胆なアイデアからスタートした。シェアリングエコノミーのプレイヤーであるルビコンは、ウーバーがタクシーサービスで行っていたように、廃棄物管理のためにオンデマンドのモバイルアプリケーションを開発していた。ルビコンはサービスを導入して以来、大きな進歩を遂げていた。多国籍の大規模な顧客と契約を結び、交渉段階にある大規模な潜在的な契約を多数抱えていた。しかし、ネットワークと技術プラットフォームを構築するためには、より多くの資本が必要だった。経営陣と取締役会は、会社がどれだけの資金を調達すべきか、目的は何か、誰から、どのような条件で調達すべきかなど、いくつかの重要な決定を下さなければならなかった。

出版日
2015/11
領域
起業
ボリューム
29ページ
コンテンツID
CCJB-HBS-819J11
オリジナルID
819J11
ケースの種類
Case
言語
日本語
翻訳
English
カラー
製本の場合、カラー印刷での納品となります。