香港ディズニーランド

Michael N. Young Donald Liu

  • ケース
Ivey

ディズニーは1983年に東京ディズニーランドを開設し、初めての国際展開を開始した。これは、世界のテーマパークの中でも最も成功した例となった。ディズニーは次に、アメリカ以外でのディズニー製品の最大消費地であるフランスで、日本での成功を再現しようと考えた。1992年にディズニー・リゾート・パリをオープンしたが、日本の成功に比較するとかなり低調であったといえる。このケースは、ディズニーのアメリカ国外での第三の進出先として香港ディズニーの開設について取り扱っている。ディズニーの東京、パリでの経験を解説し、その経験をもとに香港ディズニーの設立がどのようにされたか、契約内容、運営の仕方、人的資源管理、マーティングなどを中国文化・環境に合わせて行った内容を記述している。また、ケースは香港の観光産業の特徴や操業当初に直面した様々な問題についても詳述している。このケースでは、ディズニーの戦略的資産と中国の文化との適合性の可否について、分析することができる。

出版日
2007/10
改訂日
2014/02
業種
サービス
領域
経営・戦略
国際経営
マーケティング
組織行動・人的資源管理
生産・業務管理
ボリューム
18ページ
コンテンツID
CCJB-IVE-90003-03
オリジナルID
9B07MJ13
言語
日本語
翻訳
English