豊田通商――南太平洋地域での事業展開

Paul W. Beamish Gary Bowman Daniel Abrahams Alex Beamish

  • ケース
  • 新着ケース
Ivey

2018年、南太平洋地域を代表する自動車会社である豊田通商南太平洋ホールディングスは、創立20周年を迎えた。7つの島国で子会社を通じて27のディーラーネットワークを運営していた同社は、19世紀の創業以来、数々の劇的な変化を経て、オーストラリア・ブリスベンのオフィスは、従業員15名の初期の本社機能から、トヨタグループの主要17社のうちの1社である豊田通商の地域本社機能へと移行していた。そして2018年7月上旬、新たな常務取締役が選出された。彼は多くの職務の中で、ブリスベンオフィスの変革に向けてこれまでの歩みを振り返り、今後の適切なステップを決定する必要があった。地域本部と島嶼部の子会社との関係に変更が必要だったのだろうか。

出版日
2020/11
領域
経営・戦略
生産・業務管理
ボリューム
8ページ
コンテンツID
CCJB-IVE-9B20MJ134
オリジナルID
9B20MJ134
ケースの種類
Case (Field)
言語
日本語
翻訳
English
カラー
製本の場合、モノクロ印刷での納品となります。