「もう一度、世界で戦える漁業にする!」と奮闘する遠洋マグロ漁業者の記録

クロマグロで世界初のMSC認証を取得した臼福本店の挑戦の物語

水野 由香里

  • ケース
  • 新着ケース
Case Center Japan

臼福本店は、気仙沼市に本社を置く、遠洋マグロ延縄(はえなわ)漁業を営む企業である。同社は、2020年8月、ある快挙を成し遂げた。それは、「海のエコラベル」ともいわれるMSC(Marine Stewardship Council;海洋管理協会)認証を、世界で初めて、クロマグロで取得したのである。
それではなぜ、臼福本店が、MSC認証の取得に動き始めたのか。それには、いくつかの転機と、漁業が直面するいくつかの課題が背景にあった。そして、同社は、さらなる新たな試みとして、マグロ漁船のイノベーションにも取り組んだ。
同社のこれらの新たな取り組みの原点は、一度は高い競争力を発揮していた日本の漁業の競争力が低下してしまっている状況に直面して、改めて「漁業に光を当てる」「魅力ある漁業にする」「稼げる漁業にする」ことにあった。すなわち、「もう一度、世界で戦える漁業にする!」ということである。
臼福本店は、どのようにして、世界初のそのような快挙を成し遂げることができたのか。そして「世界で戦える漁業」にするために、臼福本店は、どのような取り組みを行ってきたのであろうか。本ケース教材は、その記録を記したものである。

出版日
2020/09
業種
食品・家庭用品
卸売・小売
領域
経営・戦略
組織行動・人的資源管理
生産・業務管理
ボリューム
33ページ
コンテンツID
CCJB-OTR-18061-01
オリジナルID
YMC_0009
ケースの種類
分析ケース/フィールド・リサーチ/実名ケース/実在ケース/
言語
日本語