組織変革の危険性と落とし穴: 若きマネジャーの経営再建の旅

Karen Cates Guilherme Riederer Nathan Tacha Rodrigue Ulrich Nselel Awanda

  • ケース
CASE CENTRE

ブラジルにあるファッション・チェーンのクローズ・アンド・アクセサリーズの若きマネジャーであるダニエル・オリベイラは、同社の超難関管理者研修プログラムを成功裡に終了した後、売り上げにおいて遅れをとる地域に配属され、困難な状況に投げ込まれることとなった。オリベイラは、ブラジル南東部に位置する中規模都市・ヴィトーリアにある彼の店舗が、問題を抱えていることを当初から理解していた。しかし彼が変革に取りかかろうとすると、すぐにベテラン従業員からの抵抗にあった。このケースは、彼が陥った落とし穴と、多様な従業員を率いて、変革をやり遂げることの複雑さを認識していく過程を詳述している。

出版日
2014/02
業種
卸売・小売
領域
経営・戦略
組織行動・人的資源管理
ボリューム
8ページ
コンテンツID
CCJB-ECC-14021-01
オリジナルID
JK5-313-501
言語
日本語