運動靴の国際調達: ナイキとリーボック

Philip M Rosenzweig

  • ケース
HBP

大手運動靴メーカーのナイキとリーボックは、アジアにおける靴の契約生産の可能性を探っている。アジアからの調達には、低コストとフレキシビリティという利点があるが、人権と企業責任の問題をはらんでいる。ナイキとリーボックが、これらの問題にどのように対応してきたかがこのケースの焦点である。

出版日
1994/05
改訂日
1994/07
業種
食品・家庭用品
領域
経営・戦略
国際経営
組織行動・人的資源管理
ボリューム
17ページ
コンテンツID
CCJB-HBS-70116-02
オリジナルID
9-307-J08
言語
日本語
翻訳
English