日産自動車、2002年

Michael Yoshino Makiko Egawa

  • ケース
HBP

ルノーの取締副社長であったカルロス・ゴーンは、危機に瀕していた日産自動車の株式をルノーが1999年に38%取得した際に、同社のCOOに就任することになった。これは、ゴーンが日産をどのように再生したのかを描いたケースである。10年に渡り様々な失敗を繰り返した結果、士気が低下していた社員たちを、どのように活性化させ、企業再生に参加させていったのかを詳細に記述している。組織変革を成功させたものの、日産はグローバルな市場での新たなチャレンジに直面していた。

出版日
2002/10
改訂日
2006/02
業種
輸送機器
領域
経営・戦略
国際経営
組織行動・人的資源管理
ボリューム
25ページ
コンテンツID
CCJB-HBS-80045-02
オリジナルID
9-308-J01
言語
日本語
翻訳
English