ウーバー対ディディ: 中国ライド・シェア市場における競争

Chen, Guoli Wu, Kuangzhen Tong, Tony Su, Xiaohua

  • ケース
  • 新着ケース
INSEAD

携帯電話技術の急成長の結果として、企業は高速環境下でますます複雑になるビジネスに対応しなければならなくなった。ウーバー対ディディのケースは、企業が新しいビジネスモデルを作り出そうとしてこれまでにない価値を顧客に創出したり、慣習的なやり方や既成の枠組みに異議を唱えたり、地元の競合と競争するため新興市場に進出したりする際に直面するであろう幅広い戦略的問題を描き出している。本ケースはウーバーの中国の地元の競合であるディディに対する競争についてのものである。最初の部分では伝統的なタクシー業界についてアメリカのメダリオンシステムの説明を用いて描く。次の部分では中国におけるディディの台頭と、ウーバーが中国市場に進出した際どのようにディディが対抗したかを描いている。アメリカやその他の国々で急速に広まったウーバーだったが、中国では苦戦した。2015年6月、ディディはウーバーの市場に占めるわずか11.5%を遥かに凌ぐ80.2%のシェアを報告した。中国からはバイドゥ(ウーバーに投資している)、アリババ、テンセント(2社ともディディに投資)、シリコンバレーからはアップル(ディディに投資)といったインターネットの巨人たちが戦略的投資家としてこの戦いに参加したことで、ウーバーとディディの競争は広い範囲にわたる影響を及ぼすことになる。

出版日
2020/02
業種
運輸
領域
経営・戦略
ボリューム
26ページ
コンテンツID
CCJB-INS-18056
オリジナルID
J6223
言語
日本語
翻訳
English