スターバックス

Mary M. Crossan Ariff Kachra

  • ケース
Ivey

スターバックスは、マクドナルドへのコーヒー供給、店舗数拡大、ブランド力活用での他商品への参入などの選択肢があるなかで、今後の成長に企業の持つコアコンピテンシをどのように生かして行くべきかの課題に直面している。ケースは、スターバックスが持つコンピテンシーがその価値創造の連鎖のなかで、どこにあるか、また、それを様々な選択肢の中で、どのように生かして行くべきかなどを考えさせる。さらに、この企業の成長を支えるものは何かを検討する。スターバックスはすべての店舗を自社で開店しており、資金需要が大きい。投資家は、今後もそれまで同様の驚異的な成長が続くことを期待している。ブランド力を他に活かし成長を継続すると同時に、それにより、ブランド自体が価値が低下しないように、うまく舵取りをしなければならない。

出版日
1998/05
改訂日
2017/05
業種
サービス
領域
経営・戦略
マーケティング
ボリューム
26ページ
コンテンツID
CCJB-IVE-60005-02
オリジナルID
9A98MJ06
言語
日本語
翻訳
English