アイウェアラボラトリー 足形データ事業の展開

戸谷圭子 持丸正明

  • ケース
Case Center Japan

アイウェアラボラトリー(以下、アイウェア)は人の足形の三次元足形計測器INFOOTを製造販売するメーカーで、2014年秋現在、社員5名の零細企業ながら、INFOOTは累計750台が利用され、同時に、世界42カ国、51万人(うち日本人は22万人)の足形データを保有している企業である。木村社長がINFOOT共同開発のためにコンタクトした産総研に、A社とチームを組むS社は同じテーマでアプローチしていた。当時の学術研究の流れや企業の体力面では明らかにS社が勝っていたにも関わらず、産総研が選んだのはアイウェアだった。そして、A社も直営店出店を機に、アイウェアの新INFOOT採用に踏み切り、ランナーのサポートサービスを展開し始める。個人データが51万件蓄積された現在、木村は、機器メーカーから脱して足形データを使ったサービスビジネスに転換するという当初構想の実現を考えていた。果たして、アイウェアのビジネスは、製造業のサービス化の成功事例となりうるのか?

出版日
2015/04
業種
機械・器具
サービス
領域
経営・戦略
マーケティング
起業
ボリューム
11ページ
コンテンツID
CCJB-OTR-15006-01
言語
日本語