伊那食品工業株式会社

戸谷圭子 太田順子 平澤宏基 藤原大輔 星田剛 林超

  • ケース
Case Center Japan

伊那食品工業は1958年創業、世界有数の企業経営者が教えを請いに訪れる企業である。国内寒天メーカーのパイオニアとして年々着実に成長し、現在では売上高約180億円、国内シェア約80%を占めている。現会長の塚越寛が21歳のとき、就職先の社長から創業半年の伊那食品工業の再建を託された。創業当時の伊那食品工業は、機械らしい機械は一つもなく、モーターが全工場で4台動いているだけの赤字会社だった。伊那食品工業は、「いい会社をつくりましょう」を社是とし、売上目標を掲げずに創業からの48年間、増収増益を達成してきた。いい会社をつくることを目指した塚越は、その実現に向けてどのように経営の舵取りをしたのか。そして、将来に向けてどのような戦略を描くのか。

出版日
2017/09
業種
素材
食品・家庭用品
サービス
領域
経営・戦略
マーケティング
組織行動・人的資源管理
ボリューム
15ページ
コンテンツID
CCJB-OTR-17041-01
言語
日本語