観音山フルーツガーデン

戸谷圭子

  • ケース
Case Center Japan

観音山フルーツガーデンは和歌山県紀の川市に6代続く果樹農家である。育てている柑橘果樹の種類は30種類、2018年は年商4億円で、全ての商品を卸売を通さずに売り切る。栽培面積は12.5ha、正社員16名、パート30名で、果樹農家としては大規模経営である。農業の大規模化は年々進んでおり、果樹も例外ではないが、観音山では味見、収穫、発送時の選果など、重要な作業は機械に頼らず人手で行い、文字通りの「安全で美味しい」を実現させながらビジネスを成功させている。消費者に安全で美味しい果物を届けることを目指した児玉は、その実現に向けてどのように活動したのか。そして、次代を受け継ぐ息子の芳典はどのような戦略を描くのか。

出版日
2019/07
業種
食品・家庭用品
卸売・小売
サービス
領域
経営・戦略
マーケティング
生産・業務管理
ボリューム
19ページ
コンテンツID
CCJB-OTR-18051-01
言語
日本語