ビッグ・サイエンスから顧客価値へ:ミルボンによるヘアケア用品開発

宮尾学

  • ケース
  • 新着ケース
Case Center Japan

2014年1月、美容室向けヘアケア用品のリーディング・カンパニーであるミルボンは、新たなヘアケア用品のイミュライズシリーズを発売した。同製品はミルボンの想定を超えるヒット商品となったが、その背後には、基礎研究を顧客価値につなげる仕組みがあった。ミルボンは、ヘアケア剤が毛髪内部でどのように作用しているのか、放射光施設SPring-8で調査を行い、その結果を学会で報告するとともに、美容師を通じて利用者に伝えたのである。このケースでは、この仕組みが生まれた過程を紹介している。本ケースの分析からは、企業が基礎研究を行うことの意義、基礎研究の成果をマーケティングに活用するための仕組みづくりが明らかになる。そこから、基礎研究、マーケティング、広報のマネジメントについて様々なヒントが得られるだろう。

出版日
2020/12
業種
食品・家庭用品
領域
マーケティング
技術・情報管理
ボリューム
11ページ
コンテンツID
CCJB-OTR-18065-01
ケースの種類
分析ケース/フィールド・リサーチ/実名ケース/実在ケース/
言語
日本語
カラー
製本の場合、カラー印刷での納品となります。