野坂公認会計士・税理士事務所(3)

- 税理士法から税理士の権限、責任および職業倫理を考える -

野坂和夫

  • ケース
Case Center Japan

多様な税務顧問先を有するからこそ、野坂公認会計士・税理士事務所は、多様な税務相談に応じなければならない。税務リスクとその責任は最終的に納税者が負うべきものであるため、現状を的確に説明して最終的な税務判断の意思決定に役立つように税務顧問先を指導するのが、税理士事の役割である。

出版日
2019/10
業種
サービス
領域
会計・コントロール
企業倫理・CSR
ボリューム
4ページ
コンテンツID
CCJB-OTR-18054-01
言語
日本語

関連ケース