野坂公認会計士・税理士事務所(4)

- 戦略的管理会計の視点からCSRを考える -

野坂和夫

  • ケース
Case Center Japan

野坂代表はこの頃、税務顧問先との会話の中でCSRについて意見を求められることが多いと感じていた。どうして営利企業が社会的責任を果たすべく、ときには多額の寄附をするのかということである。野坂代表には一つの信念があった。それは、戦略的管理会計の視点からCSRをどのように説明すべきかということであった。また、税理士が接する相手は主として企業の社長である。経営者としてのCSRの価値判断に資するアドバイスをすべきだと考えている。

出版日
2019/10
業種
輸送機器
サービス
領域
経営・戦略
会計・コントロール
企業倫理・CSR
ボリューム
2ページ
コンテンツID
CCJB-OTR-18055-01
言語
日本語

関連ケース